座間安全・安心推進会
                               

民有林ナラ枯対策

    民有林のナラ枯対策
 
 ナラ枯対策方法は、この木が枯れてしまうと住宅や高圧電線、道路に影響を及ぼす為、カシノナガキクイムシの穿孔 は絶対避けなければならず、この為神奈川県と座間市と調整し、粘着面を表側にして幹に張り付け、カシナガの 穿孔 を防ぐ対策を実施した。

  シート粘着面を表側にして幹に張り付けた。

 シートは粘着力が強く作業性は非常に悪かった。
 昨年確認されていたカシナガの 穿孔孔から排出されたフラス。

 フラスとは=カシナガの糞と木屑が混ざったもの。
  座間高生徒が歩いている。
 住宅、高圧線もあるため、枯れたら大変。何とか対策の効果がでることを祈る。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター