座間市民活動サポートセンター ざまっと活動報告防犯・防災ナラ枯道路脇で発生 危険の為伐採

ナラ枯道路脇で発生 危険の為伐採

公開日:2022年09月13日 最終更新日:2022年09月21日

DSC06214 県道脇ナラ枯

 

 県立谷戸山公園北口駐車場入り口 県道脇でナラ枯発生。

 枯により、道路への落枝倒木等危険が想定され、2022年9月13日座間市道路課で伐採した。

 ナラ枯、枯死木を放置しておくと、1本の木には、数百~数千孔のカシナガ穿入孔が見られ、翌年には1穿入孔当たり数十~数百頭が羽化脱出します。したがって、一本の木から数万頭が羽化することもあります。繁殖材料が谷戸山公園及び付近の民営林には「大径木、衰弱木、倒木等」が豊富に存在しており、カシナガは数年間でその個体数を爆発的に増やすことができます。

 この為にナラ枯木は適正に処理する事が必要です。

 

DSC05104 ナラ枯

 

座間市道路課と現地確認。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナラ枯木伐採

 

大型重機を用いて伐採した。

2022年9月13日撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

谷戸山公園北口ナラ枯木伐採

 

大がかりな伐採工事となった。

座間安全・安心推進会が考案した「ナラ枯防止システム」で予防すればナラ枯を防げる。

ナラ枯防止システムをナラ枯防止システム年間計画表早期に普及させたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナラ枯防止システム

 下記、座間安全・安心推進会「ナラ枯防止年間計画表」に基づき、年間計画に基づき対策を実施することで、ナラ枯を防ぐことができる。

 年間を通してナラ枯対策を実施できるのは、座間安全・安心推進会のシステムだけです。

 ナラ枯予知シートは、見えないカシナガを見える化して、カシナガの飛翔状況を確認し、それに応じた対策がとれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この情報は、「座間安全・安心推進会」により登録されました。

この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています