ホーム > 活動報告 > 相模が丘コミュニティセンター健康講座「梅雨を乗り切る養生レシピ〜体調を崩しやすい季節に備えて〜」

相模が丘コミュニティセンター健康講座「梅雨を乗り切る養生レシピ〜体調を崩しやすい季節に備えて〜」

毎年好評の東先生の東洋医学の講座ですが、今年は趣向を変えて実習付きで行いました。テーマは「梅雨時の養生レシピ」。残念ながら開催前に梅雨が明けてしまいましたが、ジメジメしたこの季節を乗り切るコツやレシピを教えていただきました。
≪レシピ≫ ハト麦・小豆のおかゆ いんげんの黒胡麻和え いんげんのにんにくあえ 八角を使った炒め物(乾燥黄花、乾燥きくらげ、干ししいたけ、山椒の実、八角)

 
   

実習では各班ごとに作業を分担しました。皆さん手際が良くて、作業がどんどん進みます。
炒め物をする先生に皆さん注目しています。八角はとてもウィルスに対して効果を発揮するそうです。
先生が作ってくださったおかゆです。どちらかというと甘くないぜんざいのイメージでした。
黒米、あわ、もち米、黒豆、黒砂糖、はと麦、小豆、緑豆、長いもを圧力なべで炊いたものです。
この情報は、「相模が丘コミュニティセンター」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ