ホーム > 活動報告 > H30年4月芹沢自然観察会22日

H30年4月芹沢自然観察会22日

夏のような暑さになった4月22日の自然観察会です。

参加者12名。晴れ。時間9時〜11時半

(左画像)イヌザクラ

<野鳥>
ウグイス、メジロ、キジバト、ムクドリ、ヒヨドリ、カルガモ2、キビタキs、シジュウカラ、アオゲラ声、ハシブトガラス、キセキレイ,セグロセキレイ、ハクセキレイ、ツグミ、コゲラ、ガビチョウ、イカル、ハシボソガラス、スズメ、オナガ、ツバメ(21種)

◆渡去前のツグミが芝生広場や畑の原っぱに残っている。
◆キビタキはシラカシ林奥でかすかにさえずりが聞こえる。
<チョウ>
アオスジアゲハ、キアゲハ、クロアゲハ、ウラギンシジミ、ベニシジミ、キチョウ、アカタテハ、モンキチョウ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、ヤマトシジミ、テングチョウ、キタテハ、ツマキチョウ、(解散後)コミスジ(15種)

<他の昆虫>
ヤマサナエ:解散後、芹沢の流れの植え込みに(当公園で初認)
<植物>
(無印:花咲く)
ハナミズキ花終わり、フジ、エノキ実、イヌザクラ(花・実)、ヤブニンジン、キランソウ、カントウタンポポ、エゴ蕾(落とし文)、ミズキ(蕾・花)、マユミ蕾、コメツブツメクサ、オヘビイチゴ、ホウチャクソウ、ホウノキ、ナルコユリ蕾、ハルジオン、ヤブタビラコ、オニタビラコ、ウグイスカグラ、ハナイカダ雄木・雌木、ジュウニヒトエ、クサフジ、ユリノキ、ヤマグワ実


<その他>芹沢の流れに鮎が遡上する(芹沢川で初めてのこと)
ヤブニンジン
コメツブツメクサ
ナルコユリ蕾
ツグミ(芝生広場)
ミズキ開花
ヤマサナエ(芹沢初認)
この情報は、「芹沢親と子の自然観察会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ