ホーム > 活動報告 > 立野台コミセン“そば打ち体験講習会”H31年1月26日(土)・27日(日)

立野台コミセン“そば打ち体験講習会”H31年1月26日(土)・27日(日)

1月26日(土)・27日(日)立野台コミュニティーセンター実習室に於いて
講師に柴山さん、鹿野さん、市川さんの指導のもと、男性6名、女性14名計20名の参加を頂き、土日に別れ“そば打ち体験講習会”が実施されました。
 「香りを楽しむ そば打ち体験」今年度2回目 そばの香りと味をしっかり楽しんでもらうことと、そば打ちの全工程を一人でたいけんすることを目的とする。
 二八そば(そば粉300g、小麦粉100g...4人分)・そばがき(お汁粉)・そばの実料理(そばの実入りスープ) 
 4人分を一人で「粉ふるい→水あわせ→練り→延し→切り」全てを体験、一人前をゆでて、試食、残り3人分をそばつゆ・そばの実40g,とともに持ち帰り。
出来上がった“ソバ”は皆さんで美味しく試食、楽しいひと時を過ごしました。
 参加者の感想
 ・そばが大好きで、いろいろな所を食べ歩いているが、打ち立てに勝るものはないと感じた。
 ・練る、のばす、切る・・・全ての工程が難しかったが、先生の丁寧なご指導で美味しい そばが食べられました。ありがとうございました。
 ・打ち立てを初めて食べたが、こんなに香りが良く美味しいものだとびっくりした。おみやげは、おばあちゃんからの ごちそう として孫に食べさせたい。 等々、

講師より
 ・皆さん、とても上手です、手は人により微妙に違うので、ねりはなかなか難しいです、何回かトライして感覚をつかんでください。
 ・打ったそばは、なるべく今日中に食べてほしい、そばの香りが全然違います。
 
 以上。
 

水まわし(まとめ)の様子。
“こね”の始まり、しっかりこねて!!
よくこねたら、のばしの始まり。
切り幅を揃えて切りましょう。
そばがきと、出来上がった  “ソバ”の試食。
自分で打った“ソバ”の味は
格別、美味しくいただきました。
この情報は、「立野台コミュニティセンター 管理運営委員会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ