芹沢親と子の自然観察会
                               

H30年9月芹沢自然観察会23日

9時からのスタートにもどった9月芹沢自然観察会の23日報告をいたします。 

ようやく涼しくなって、昆虫も植物も沢山見ることができました。野鳥の方はまだこれからで数は少ないです。

湿生生態園のそばのウスギモクセイが満開です。

9時から11時40分 晴れ。参加者9名

<野鳥>
キジバト、ハシブトガラス、ヒヨドリ、アオゲラ声、キセキレイ、ドバト、ハシボソガラス、ガビチョウ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、ムクドリ、オナガ、スズメ、モズ声、コゲラ声 (15種)
◆秋になって野鳥も増えましたが、定番のシジュウカラ、メジロは聞こえず。
◆モズは畑で声のみ。オナガは群れで飛び回る。

<昆虫>
ツツツクボウシ(声多し)、アブラゼミ、ミンミンゼミ、シオカラトンボ、アキアカネ、ウスバキトンボ、ギンヤンマ、ホソミイトトンボ、
(右欄に続く)
ハラビロカマキリ、オオカマキリ、エンマコウロギ、ツヅレサセコウロギ、ハラオカメコウロギ、アオマツムシ、マネコガネ、カナブン(青色型だが)、ミナミトゲヘリカメムシ、ホオズキアカメムシ・キバラヘリカメムシ・クモヘリカメムシ・ホソヘリカメムシ・クサギカメムシ・チャバネアオカメムシ・マルカメムシ
(チョウ)
ヤマトシジミ、スジグロシロチョウ、クロアゲハ、アオスジアゲハ、イチモンジセセリ、ヒメアカタテハ、キアゲハ、ナミアゲハ、ミドリヒョウモン、ツマグロヒョウモン、キタキチョウ、モンキチョウ、モンシロチョウ、ベニシジミ、ツバメシジミ、ヒカゲチョウ
<クモ>ジョロウグモ、デーニッツハエトリ、オニグモsp

<植物>
ウスギモクセイ花、ヒガンバナ花、アオギリ実、ヤブミョウガ実、ノブキ実、ヒカゲイノコヅチ実、ヤブマオ実、イヌホウズキ花、キンモクセイ花、アメリカセンダングサ花、アメリカタカサブロウ花、チヂミザサ花、ヒヨドリジョウゴ花、フジカンゾウ花、クズ花、アキノノゲシ花、オオイヌタデ花(穂が垂れて白色気味)

<キノコ>ハナイグチ、ノウダケ、ヒラタケ
◆今期は雨が多いのでキノコが沢山出ている。
キンモクセイ花香る
アオギリ(東屋そば)
オオイヌタデ
フジカンゾウ
アキノノゲシ
サクラタデ
カナブン
マメコガネ
ハラビロカマキリ
ホソミイトトンボ
ミナミトゲヘリカメムシ
デーニッツハエトリ
ノウダケ
ヒラタケ
海軍工廠の地下壕
台湾少年工の記念式典準備

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター