座間市写真連盟
                             

曼珠沙華鑑賞のつどい                  - ヒガンバナを撮って芸術祭に出そう! -

本日「曼珠沙華鑑賞のつどい」が、かにが沢公園において開催されました。
幸いなことにお天気に恵まれ、カメラを片手に訪れた方が大勢いらっしゃいました。
なかには、町田市のちょっと外れの方からみえた方も。

今年も来るかなとスタッフ一同待っていた女の子が、ご家族と共にみえました。
彼女は確か3歳のときからトイカメラを持って、曼珠沙華の撮影に毎年来てくれました。
数年前にはデジタル一眼レフに機種変更。
昨年はなんと、「座間市民芸術祭 写真展」において、小学生ながら入賞に輝きました。
嬉しいですね、こうした写真大好き少女が1名でも居ることが。

来場者にほんのちょっと撮影アドバイスなるお節介をやくのが、我々の今日のお仕事。
撮影データをお預かりし、すぐさま2Lサイズの写真を2枚プリント。
1枚はご本人にお渡しし、もう1枚は写真連盟がお預かりした上で、11月に開催される芸術祭において展示をします。
私は役得で既にそれらの作品を見ていますが、皆さんには芸術祭でお披露目いたします。
それまで、しばしのお預けです!


花の時期は、ちょっとだけ遅かったようです。

でも、綺麗な花は、まだまだたくさんありました。

(撮影:スタッフ)
皆さん、お天気に誘われたのでしょうか。

カメラを片手に、三々五々、散歩と撮影を楽しまれていました。

(撮影:スタッフ)
参加したのは写真連盟だけではありません。

こちらは短歌連盟の方々です。
俳句連盟と書道連盟の方々も参加していました。

(撮影:スタッフ)
APSCのデジタル一眼レフにズームレンズを着けています。

重い方が撮り易いとおっしゃっています。

眼差しを見ても判りますが、真剣そのものです。

(撮影:ご家族)
向こうの方では、おじちゃんカメラマンが曼珠沙華を狙っています。

うん? いや? 立ち話かな?

(撮影:スタッフ)
会場はお琴の音色に包まれて、何かゆったりとした気分になります。

こちらは、三曲協会の方々です。

(撮影:スタッフ)
お琴のすぐ脇では、茶道連盟の方々がお薄を立ててくださいます。

曼珠沙華を鑑賞しながら琴の音色をBGMにいただくお薄は格別です。

(撮影:ご家族)
こちらでは、元イケメンが女性に囲まれています。

引退してなおモテルなんて、羨ましい限りです。

(撮影:スタッフ)
撮った写真から1枚選び、あまり速くない同時プリントをします。

今年もなかなかの写真を撮っていました。

(撮影:スタッフ)

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター