神奈川県央中高年齢者野球愛好会
                           

県央野球愛好会 3月12日 リーグ戦 開会式報告


 県央野球愛好会 リーグ戦 開会式

    日時       平成29年3月12日 (日曜日) 8・45〜12・15

    場所       日産工機グランド

県央野球愛好会 中高年(10チーム)還暦(12チーム)古希の部(7チーム)総勢29チームがチーム名のプラカードを持ち参列しました。

 会長、来賓、理事長等を頂きました。楽しい野球をしながら高齢化社会を乗り切り、健康を維持して、未病社会を作る野球は大変重要なスポーツであると思います。

 前年度 各部の優勝旗、優勝カップの返還が行われました。今年も頑張ってください。


 少し肌寒いスタートでしたが、晴天で終盤からは温度が上がり暖かい日で、審判講習は元気で、はつらつと大きな声で各部所でのポジションで講習を受けました。審判の難しさをそれぞれが感じ、また疑問を解決して明日に活かす指導を受けました。指導員の皆様有難うございました。

 これからの会員のますますの発展と県央野球愛好会が皆様と共に発展することを願っております。


 
 第一部

   次第

     開会の辞    瀬戸副会長


     会長挨拶    堀江則之会長


     来賓紹介・来賓祝辞

               木村俊雄寒川町長
           
               斉藤恒雄寒川町議

               佐藤一夫寒川町議

     理事長挨拶   池田理事長

     審判長挨拶   田口審判部長

     選手宣誓    還暦の部 秦野遊球倶楽部代表

     閉会の辞    中村副会長

     始球式     打者  斉藤寒川町議、佐藤一夫寒川町議

             投手はオールスターズの中村選手(82歳)が行いました。


 第二部

  審判講習会の実施   田口審判長    9・15〜

    田口審判長の号令で全員で準備運動後 4ブロックに分かれて行われました。

    審判の立ち位置、ボールから目を離さない、迅速な行動、大きな声、最後まで見届けて、冷静に判断をして、コールする。

    各チーム、選手は審判を信頼して、スムースな試合進行にご協力をお願い致します。

    



       

 
   

早朝から各チームがプラーカードを持ち集結しました。中高年、還暦、古希の部が集まりまりました。
開会式前の役員、来賓者がお集まりになりました。
来賓者と役員の皆様です(左から木村寒川町長、斉藤寒川町議、佐藤寒川町議、堀江会長、瀬戸副会長、中村副会長。池田理事長です)
愛好会役員です。今年も始まります、よろしくお願い致します。
各ブロックの優勝カップです。今年はどこのチームが手にするか?
楽しみです、お互い切磋琢磨して頑張りましょう。
瀬戸副会長が開会の挨拶をされました。
開会式に伴い整列する各チームです。朝早くからご苦労様です。
勢揃いした愛好会役員が整列しました。今年も苦労が多いと思いますがよろしくお願い致します。
堀江会長があいさつをされました。スポーツが健康に大切であり、野球も大いに認知症予防に効果的と言われています。
中高年の部の各チームです。頑張りましょう。皆さん若さ一杯ですまだ仕事が現役です、家族サービスもあります、頑張ってください。
還暦の部の各チームです。皆さん若々しいです、今年も頑張ってください。
古希の部の各チームです。これから怪我の無い様に楽しい野球を末永くしてください。
木村寒川町長の祝辞を頂きました。
選手が挨拶を緊張気味に聞いています。いよいよ待ちに待った春季大会の始まりです。
各ブロックが分かれて整列をしました。これから始まるところです。整備されたグランドにラインが映えています。日産工機グランドです。有難うございます。
斉藤寒川町議から祝辞を頂きました。
佐藤寒川町議から祝辞を頂きました。
池田理事長からの挨拶がありました。
田口審判長からの挨拶がありました。
堀江会長に前年度優勝チーム綾瀬スカイホークス(中高年の部)から優勝カップの返還がありました。
堀江会長に前年度優勝チーム秦野遊球倶楽部(還暦の部)から優勝カップの返還がありました。古希の部も秦野遊球倶楽部から優勝カップの返還がありました。
秦野遊球倶楽部(還暦の部)選手代表が堀江会長に力強い選手宣誓をいたしました。
中村副会長から閉会の辞をされました。長い時間皆さんお疲れ様でした。
これからの始球式を待つ各チームです。お疲れ様でした。
始球式の投手を務めるオールスターズの中村選手です。82歳には思えないスピード、コントロールでした、末永く我々を引っ張ってください。よろしくお願い致します。
始球式で中村投手の球に構える斉藤寒川町議です。良い構えをしています。有難う御座いました
審判講習を受けるにあたって準備運動をする選手達です。審判も選手と同じぐらい迅速な行動を要求されます。
念入りに準備運動をする選手達です、素早い行動が必要です、怪我の無い様に頑張りましょう。
ホームベースで指導を受ける選手達です。皆さん主審です。佐藤さんが上のストライクゾーンを示しています。
田口審判部長です。サー始めましょう。疑問点がありましたらどんどん質問をして下さい。そして実のある物にして下さい。
一塁塁審の指導を受ける選手達です。二塁、ライトのを守備範囲です。ライトゴロの時の塁審の位置取りを念入りにされていました。判定しやすい位置に迅速に行動する。
二塁塁審の指導を受ける選手達です。位置取りが難しいところで、守備範囲が広いです。ボールから目を離さない、迅速な行動、最後まで見届ける、大きな声で判定する。セーフ、アウトとの動作が見えること。
三塁塁審の指導を受ける選手達です。三塁ベースを越えたたら三塁塁審が判定をします。外野フライも見やすい位置まで追い判定します。大きな声と判定コールが見やすい様にする。
ストライクゾーンの指導を念入りに指導する佐藤さんと落合さんです。ホームベース四隅にボールが通過したらストライクです。
真剣に指導を受ける選手達です。皆さん主審の立場、バッターの立場で考えて、今まで疑問であった質問をされ認識されていました。
主審の重要性と難しさ、そして選手としてバッターに立った時のストライクとボールの判定が試合を左右します、皆さん真剣です。
ストライクゾーンをボールと位置を示し指導してます。膝小僧の位置を示しています。
バツターの背の高さ等で変わります。難しいですね、一呼吸おいて判定をすることが大切です。
一塁側でのコールの仕方を指導を受けています。大きな声でこぶしを高々にあげてする。
三塁側で指導を受ける選手達です。塁審の立ち位置の指導を受けています。べースを超えたボールは三塁塁審が判断をします。
二塁塁審も広範囲に及びますので迅速性とボールから目を離さないで判断が必要です。ダブルプレー、外野フライの位置取りそして判断、コールを明確にする。
主審は捕手とバッターが右、左によつて位置を見やすい位置に主審は取って下さい。右バッターであれば捕手の左肩寄りに取ることを心掛けてください。
主審は非常に難しく、立ち位置、コールを一呼吸おいて判断、高低差、コーナー、その他等は一貫性を持って判定すること。落合さんは強調されていました。
審判講習を終えて、田口審判部長から話がありました、明日からの試合に活かして下さい。お疲れ様でした。
審判講習を見守る役員の皆様です。お疲れ様でした。好天と暖かい1日でした。会員の皆様ご協力有難う御座いました。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター