芹沢親と子の自然観察会
                               

H28年11月芹沢自然観察会27日

芹沢11月定例自然観察会を27日9時10分から11時30分にかけて行いました。参加者7名。曇り空。 

前日に野鳥センサスは済ませているので、主に巣箱清掃に集中しました。そのため植物観察はできませんでした。

谷戸内と芝生広場では紅葉(実際は黄葉)盛りでした。

(左)ユリノキの紅葉


<野鳥>(谷戸部):ヒヨドリ、ハシボソガラス、ウグイス、ルリビタキ声(第2水源)、メジロ
<野鳥続き> (広場と畑):セグロセキレイ、ツグミ(※今季初認)、キセキレイ、オナガ、ハシブトガラス、ハクセキレイ、キジバト、シメ※
<巣箱調査結果>10箱中、8箱営巣。2箱は古損しており営巣自体が無理なので除 外して新規に付け
替え。従って、営巣可能性のある巣箱では8箱全てで営巣です。
(上)谷戸内紅葉
(上)ナルコユリ実
(上)ツグミ
(上)シメ
(上)巣箱4(産座は化繊の綿)
(上)クロウリハムシ(巣箱内に生息)

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター