栗コミフォトクラブ
                               

栗コミフォト 2016年 7月31日 WEBギャラリー

長かった梅雨も明けいよいよ夏本番です。 
お子さん達からせがまれている夏休みの計画は出来ましたか? 
普段仕事にかまけて中々触れ合う事の少ないお父さんたち、「会社に出た方が楽だ〜」なんて仰らずこの機会に密度の濃い親子の触れ合いの機会をカメラ片手に持たれては如何でしょうか。 キットお子さん達に尊敬されるお父さんに少しの期間かもしれませんが戻れますよ。

 
   

撮影者 :タカハシ

コメント:
暑い夏には涼しい雨の日が出歩きやすいかとカメラを提げて近くの公園に出かけてみました いつもはあまり気にとめない池に睡蓮が咲いていました 土砂降りの中の
睡蓮は絵になるかと激しく降る雨を待っていたのですが残念ながらいつまでたってもポツポツでしたでもポツポツ雨が睡蓮には似合ったのかなとカメラをしまいました

タイトル:睡蓮
タイトル:睡蓮
撮影者 :ノグチ

コメント:
梅雨明けの暑い時期に涼しさを感じると思い選択した作品です。
撮影場所は伊豆「浄蓮の滝」近くの渓谷です。
伊豆にも撮影場所が多くあるのを再認識した次第です。
タイトル:涼感漂う
タイトル:初夏の流れ

撮影者 :サカモト

コメント:
今年も花火の季節到来です。 打ち上げ台から「シュルシュル〜バ〜ン」までの十数秒間の真っ黒いキャンバスに描かれた花火。 思わず幼い頃に両親に手をひかれて見た当時の記憶が蘇ってきます。
タイトル:夜空の彩
タイトル:夜空の彩

撮影者 :フクヅカ

コメント:
紫陽花は「万葉集」にも出てくる原産地日本の花らしく、花の色が変化するので“七変化”、“八仙花”とも言われていて、土壌のpH値に依ったり経時変化にも依って様々に色付くらしい。
花全般に疎い者にとって、「これらは同一種のアジサイ?」と様々な形や色に驚くばかりであるが朝露に輝く紫陽花も美しい。
タイトル:紫陽花
タイトル:朝露の紫陽花

撮影者 :ノムラ

コメント:
先日、代々木公園から渋谷にかけて歩いたところ、休日ということもあり、以前にも増して外国人が多かったのが印象的でした。
タイトル:休日の代々木公園
タイトル:明治神宮の鳥居

撮影者 :ツチカネ

コメント:
今年はどういうわけか珍しい昆虫の飛来を見る、幼きカマキリはきれいなバラに寄り添い、よく見ると昆虫を食している。クワガタ虫、遠き昔 幼少のころクヌギ林に取りに行った記憶。今、めったに見られないのに我が家に前後して2匹飛来、ビックリ、うれしい・不思議なこと。

タイトル:カマキリ幼年期
タイトル:クワガタの争い
撮影者 :オカ

コメント:
ヒマワリ畑で一面の咲いた一輪をアップしました。
ヒマワリの花言葉に「私はあなただけを見つめる」とありますが、じっくり観ていると、確かに大きな目で何かを訴えているように感じます。
タイトル:見つめられて
タイトル:仲間と泳ぐ鯉

撮影者 :タカイ
タイトル:真珠なら!
タイトル:水紋をすべる

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター