栗コミフォトクラブ
                               

栗コミフォト 2016年 5月31日 WEBギャラリー

梅雨の季節が目前に迫ってきました。 今年の梅雨は長く続くという予報もあるようで、少し鬱陶しい気持ちにさせられます。 でも、この時期ではの楽しみもあると思います。 雨にしっとり濡れた紫陽花の清々しい容姿を見る事も、その一つではないでしょうか。 お洒落な傘を手にお部屋を出てみませんか? 素敵なお花たちとの出逢いがあるかもしれません。 そんなお花たちとツーショットも素敵ですね。


撮影者 :タカイ

コメント
自分たちで飼育している蛍の飛翔を撮ってみました。
今年の発生は順調で200頭放流して自然発生も含めて、200頭は行きそうな勢いでカメラを持ち出したくなりました。土の中から湧き出るといった感じ。

タイトル:さくらだ蛍の里

タイトル:むぎはじける
撮影者 :オカ

コメント
三社祭の人混みと大歓声、神輿の担ぎ手の熱気と興奮をカメラに収めたいと、いろいろなアングルを考えたが近づけず、撮れるのは群衆の後ろ姿ばかり、苦肉の策で、頭上に両手を精一杯伸ばし、周りから押されながらも撮ったのが、この一枚です。
タイトル:祭りの背

タイトル:燃え立つ熱気
撮影者 :ノグチ

コメント:
5月でも真夏日となった関東地方ですが、清涼感のある作品を求めて道志みちを訪ねて来ました。
タイトル: 水のカーテン


タイトル:清流のたわむれ
撮影者 :フクヅカ

コメント:
浅草寺界隈の海外からの観光客の賑わいは想像を超え、仲見世通りの日本語が聞こえてこない雑踏を逃れて脇道にそれると、客待ちの草履店もあったりでホットする。
スカイツリーが見通せる場所に来ると、イケメン車夫の観光人力車とのコラボが面白い。背景が青空だったら・・・と、チョット残念。
タイトル:人力車とスカイツリー
タイトル:草履


撮影者 :タカハシ

コメント:
瞬く間にばらの季節になりあっというまに終わってしまいました。 向ヶ丘遊園のばらは年を経るごとに華やかになり休憩のベンチもたくさん増えました。ボランティアの皆さんに感謝します
タイトル:ばら

タイトル:ばら

撮影者 :ツチカネ
タイトル:開始前記念撮影

コメント:
近頃目久尻川も下水処理と相まってホタルを守る会会員の献身的清掃行動と市当局の支援、地域市民協働によりアユも遡上・オイカワも遊泳、カワセミを始め野鳥も飛び、放流ホタル幼虫は孵化飛翔する素晴らしい環境になった

タイトル:作業風景
タイトル:作業風景
撮影者 :ノムラ

コメント:
ブラシの木
このままびんを洗えそうに思えます、是非見てほしいと思い撮影し
ました。
富士山
いつ見ても雄大で威風堂々としており勇気が湧いてくるような気持ちになります。これからも、自分なりに納得できる写真を撮りたい
と思います。

タイトル:ブラシの木
タイトル:富士山
撮影者 :サカモト

コメント:
何年かぶりに尾瀬に出掛けました。 昔だと峠も息を切らせず登る事が出来たのですが、この度は息絶え絶えに何とか行ってきました。 日頃の運動不足を改めて認識させられました。
タイトル:朝霧たつ
タイトル:感動の一瞬

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター