栗コミフォトクラブ
                               

栗コミフォト 2016年 5月11日 例会

今年のGWは天候に恵まれたようで、各観光地は大勢の人出があったようです。 皆さんはどのようなGWをお過ごしでしたでしょうか? 沢山の思い出をマイカメラに収めた方も多いことと思います。 時間は流れていくわけですからその時に撮った写真が過去の大切な一コマになります。 いつかきっとそのフォルダーを開き過去のある一瞬を懐かしく眺めることもあると思います。 取りだし易いように大切に保管したいものです。



タイトル:水盤
撮影者 :フクヅカ

コメント:
何処かお分かりの方は、日本画に造詣の深い方だと思います。 これは葉山の「山口蓬春記念館」のお庭の片隅にある水盤です。 中々モダンな水盤ですね。
さて、作品ですが日光の光が強いため影の部分が潰れてしまいました。 もう少しその部分のディテールが欲しいところです。 水盤を覆い影を作る物が無い場合は、ストロボを利用するのも一つの手です。


タイトル:私が主役
撮影者 :オカ

コメント:
白と赤と緑の3色でシンプルに画面をほんのりと纏めています。
ボケを上手く利用して主題をはっきり捉えていて締まりのある絵柄になっています。
タイトル:お兄ちゃんはカメラマン
撮影者 :タカイ

コメント:
スナップを得意とされているタカイさんならではの作品です。
この兄弟の普段お生活ぶりが伺える作品となっています。 直射日光が女の子の顔の色を殺してしまいましたが、かえってこの日の暑さが強調できたのではないでしょうか。
タイトル:満開
撮影者 :タカハシ

コメント:
昭和記念公園の春景色です。
三分割構図を意識して、手前に菜の花畑を大胆に取り入れていることにより安定感のある作品に仕上がっています。 ただ、そのために若干アンダー気味になりました。 露出補正を+1Ev程度にするともう少し明るくなり、春の雰囲気が出たように思います。
タイトル:女性騎士の演技
撮影者 :ツチカネ

コメント:
こどもの日の馬事公苑での障害競技の様子です。 人馬一体となった躍動感のある作品になっています。 シッターを切るタイミングが素晴らしいと思います。
タイトル:小窓
撮影者 :フクヅカ

コメント:
画面の中に色々な要素を入れ過ぎたようで主題が少し読み難い作品になりました。 例えば、障子越しの畳に映る優しい光を狙うなど焦点を縛った方が分かりやすい作品になったのではないでしょうか。
タイトル:待望の春
撮影者 :ノグチ

コメント:
残雪が残る山里の一本桜を見事に捉えています。 タイトル通り周りの自然が春を待ち焦がれている雰囲気が良く伝わてきます。
ただ、左の高い樹木を意識したため主題の桜が少し弱くなったような気がします。
タイトル:アリストロキアサルバドレンシス
撮影者 :ノムラ

コメント:
舌を噛みそうになる名前の植物ですね、また、不思議な植物ですね、ダークベーダのように見えませんか?
さて、作品ですが主題に対して左右の石の面積が大きいようです。 例えば、縦位置にカメラを構え主題を画面一杯に捉えると迫力が出て来ると思います。
タイトル:五輪遺産
撮影者 :サカモト

コメント:
この体育館は50年以上も前に建設されましたが、未だに洗練されたデザインです。 2020年の五輪でも多くの競技で観客を魅了してくれると思います。
さて、作品ですが後方のNHK放送センタービルとの重なりが気になります。 撮影ポイントを数歩右による事が出来れば、随分すっきりした構図になると思います。
タイトル:紫の神秘
撮影者 :オカ

コメント:
教科書通りにしっかりと対象を捉えています。 また、撮影条件も日陰を利用していることにより光が均一花を覆ており、花の色が鮮やかに表現されています。
タイトル:風を待つ
撮影者 :タカイ

コメント:
今年の凧あげ祭りの一コマです。 風待ちしている親子の手持ちぶたさ感が良く出ています。 また、凧に貼っている紙の隙間から漏れてきている線上の光が印象的です。
タイトル:頭上をジャンプ
撮影者 :ツチガネ

コメント:
前作に率い続き馬事公苑の競技会です。 この作品も撮影タイミングはばっちりですが、一つ上げるとすると、馬の足の部分が後の観客とほぼ同系色なため観客の中に埋まってしまいました。 カメラ位置を工夫して被らない位置で捉えるともっと迫力が出たように思います。
タイトル:待望の春
撮影者 :ノグチ

コメント:
湖の映り込みを意識した作品です。 湖の岸側にまだ溶け切っていない薄氷を入れることにより画面に面白い緊張感を作っています。 一時的に見られる風景を上手に捉えた作品です。
タイトル:ツツジ
撮影者 :タカハシ

コメント:
白いツツジを黒っぽい背景を利用することにより、主題をスッキリ清楚に捉えています。 手前の葉のボケが奥行き感を演出しています。 ただ、カメラアングルをもう少し下げると主題がその回りにある花と重なる事が無く、よりすっきりし更に背景の面積を減らすことができたと思います。
タイトル:風の音
撮影者 :サカモト

コメント:
春風に揺れている菜の花を多重露光で撮影しました。 春の風の音が聞こえてきそうな作品です。
タイトル:ほおのき
撮影者 :ノムラ

コメント:
季節の花を一生懸命作品にしているノムラさんらしい作品です。
タイトな条件ですがピントも外さずシッカリ対象を撮られています。
ただ、主題に比べ周りの背景が広過ぎるようです。 右の例のように、主題を中心付近に大きく配置すると良いと思います。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター