還暦軟式野球チーム「座間クラブ」
                           

還暦軟式野球チーム「座間クラブ」4月9日の試合結果


 平成28年4月9日 土曜日   くもり    三塁側 

                 第一試合  9・00〜11・00

 平成28年度 神還連春季大会  予選リーグ  還暦の部

 場所   川崎市池上球場

 「座間クラブ」と「相模原名球会」が対戦しました。3対5で負けました。


 座間 クラブ   0 2 0 0 0 0 1   3

 相模原名球会  1 0 3 0 0 1 X   X5

 
 1回 表 1番 児島選手がショートのエラーで出塁し2番 那須選手がセカンドゴロで1アウト 2塁で絶好のチャンスを児島選手が牽制球であえなくアウトとチャンスを潰してしまつた。

 その裏 2本の安打で相手に1点先制されてしまつた。

 2回 表ツーアウトから6番 落合選手、星選手、森田選手の3連打で逆転の2点を上げました。

 3回 表 ワンアウト後 児島選手が四球を選んだが、セカンド後方にボールが上がりポテンヒットであったが、児島選手の判断ミスでセカンドでアウトになりチャンスを生かすことが出来なかった。

 3回 裏 エラー、四球、安打をアンラッキーで3点を奪われ逆転されてしまつた。

 4回から鈴木投手から田中投手に変わり4回、5回を0点に押さえました。

 6回 裏先頭打者の2塁打であったがツーアウトまで抑えたが、ライトにうまくヒットを打たれ1点の追加点を取られてしまい2対5に離された。

 7回 表代打攻勢でツーアウト後吉田主将が目が覚めるレフトフェンス直撃の2塁打を放ち山本選手が連続2塁打を放ち1点を返したが後続続かず。


 * 1回の児島選手のセカンドでアウトは惜しいチャンスを潰した。

 * 3回も児島選手の判断ミスが大きかつた。

 * 初めての登板の田中投手もナイスピッチングでした。

 * もう一人初デビューの森田捕手は安定した捕球、送球でバックが安心して守れた。

 * 今日 セカンドを守った首藤選手も6本のセカンドのボールナイスプレーでした。(試合終了後指の痛みがあり、その後病院に行ったら骨折をしていたとの報告を受けた、早く治してください)

 * 今回 初めての選手 田中投手、森田捕手の加入は大きい、予選リーグ 最終戦の5月14日(土) 横浜サンデースは全力で勝ちに行きたいと思います。応援よろしくお願いします。




 
   

ベンチ前で春木監督のメンバー発表を聴く選手達です。(左から田中投手、鈴木投手、春木監督、高橋選手です)
メンバー発表を聴く選手達です(左から23番 首藤選手、吉田主将、37番 高橋選手です)
ベンチ前でメンバー発表を聴く選手達です(左から4番 那須選手、12番 鈴木投手、22番 田中投手、16番 星選手です)
念入りに選手に指示をする監督の話を聴く選手達です(22番 田中投手、16番 星選手です)
試合前のコールを待つベンチの選手達です(左から遠山選手、落合選手、曽我部選手、井上選手、星選手です)
念入りにバットスイングする、高橋選手とウオーミングアップする田中投手です。今日の活躍を期待してます。
今日 初デビューの森田捕手です。持ち前のリードとフィルディング、バッテイングを期待してます。(結果 素晴らしいリードとバッティングでした)
4回の攻撃を見守る選手達です(左から那須選手、鈴木投手、井上選手、山本選手、星選手です)
3回までのスコアーです。4番からです。サー逆転だ。
6回の攻撃を見守るベンチの選手です(左から田畑選手、那須選手、鈴木投手、34番井上選手です)
5回までのスコアーです、硬直状態です、3番からの好打順です。逆転のチャンスだ。
7回最終回です、3点リードされています。最後まで諦めないベンチの選手達です(左から首藤選手、春木監督、遠山選手、田畑選手、落合選手、那須選手、鈴木投手、星選手、森田捕手です)
7回の攻撃で1点を上げ3対5で座間クラブは敗退しました、残念ですがナイスゲームでした。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター