栗コミフォトクラブ
                               

栗コミフォト 2015年11月30日 WEBギャラリー

今年も早いものであと一月を残すのみとなりました。 日捲りカレンダーを備えているご家庭は今や少数派となったと思いますが、昔はどの家庭にもありました。 痩せていくカレンダーを見て冬支度のタイミングを見計らった方も多いと思います。 それとも、日捲りを見てダイエットの失敗を嘆ていましたか? いずれにしても残すところ三十日余り、今年のやるべきことの棚卸をそろそろ始めませんか。


撮影者 :ノムラ
タイトル:椿

タイトル:白菊
タイトル:イチョウの眠り
撮影者 :ツチカネ
タイトル:百躰漢音

コメント
鋸山南東斜面岩山、太古よりの風蝕によって奇岩霊場の間に安置された「東海千五百羅漢」という中国壊安大中寺の八百羅漢を凌ぐ規模。

タイトル:西国漢音
タイトル:海外観光者
撮影者 :フクヅカ

コメント
早朝の草花の露一滴はその透明感で心洗われるが、真球水晶玉やガラス玉でも表現できるのではないかとトライしてみたのがこの ”玉景” である。 想定外の神秘的な映像は自然界の造形美をさらに強調して引き立ててくれる。

タイトル:玉景・黄色い棘
タイトル:玉景・赤い棘
撮影者 :オカ

コメント
久しぶりに乗ったヘリー、東京湾内航路には巨大船舶が往来する。 かつて、帆張った釣り船でカワハギ釣りを楽しんだ頃を思い出す。
タイトル:晩秋
タイトル:輝き
撮影者 :タカハシ

コメント
今年も花の写真をよく撮りました。 枚数は数えきれないのですが一万枚は軽く超えてると思います。 名前の知らない花もたくさんあります。 新しく名前を覚えたのはひとつだけ、「おみなえし」秋の七草です。  





タイトル:白華
タイトル:清楚
撮影者 :タカイ

タイトル:光芒稜線をくだる
タイトル:水中花

撮影者 :サカモト

コメント
都会の秋を求めて新宿御苑に出掛けてきました。今年の秋は遅いと言われていますが、確実に木々が冬支度を始めていました。

タイトル:ある秋の一日
タイトル:ある秋の一日

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター