座間のホタルを守る会
                               

2014年春の目久尻川大掃除

 5月18日に第20回目になる「目久尻川春の大掃除」を実施しました。暖かい穏やかな一日で、作業がし易かったです。所期の目的を果たして無事終了できました。

 座間市環境農政部の挨拶をいただき、当会会員と一般市民の参加のもと実施致しました。翌日19日「回収ゴミの再分別」を実施致し、計量しました。_椎械隠毅kg・不燃ゴミ60kg  粗大ゴミ30kg 合計242kgでした。

川底や流れはきれいでした。しかし、前回秋の清掃で回収した可燃ゴミは122kgから、依然として家庭ゴミが投棄されたり流されたりしており、今後の課題になります。

上流班は上栗原橋に集合して前田橋までの清掃をしました。アオダイショウを見つけたり、カルガモのヒナ連れに出会ったりしました。
上流班参加者23名(内当会会員10名)、グリーンタウン自治会の会員が参加しています。
中流班は栗原交番まえ小広場に集合して、上流に向かって藪根橋まで清掃しました。途中で捨てられた自転車の回収がありました。中流班参加者は34名内会員12名)、つつじ野自治会が参加してくれました。
下流班は若宮橋から巡礼橋親水広場まで清掃をしました。中州や浅瀬があるので子供たちもそこに入ってゴミを回収しました。
下流班参加者は35名内会員8名で、全体合計92名内会員30名でした。南栗原地区自治会連合会の会員が多数参加してくれました。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター