シルバーコーラス・スマイル
                               

有料老人ホーム「サンライズ・ヴェラさがみ野」にて歌の訪問終わる

 去る11月22日(土)総勢21名で」歌の
訪問をしました。

 当日は晴天に恵まれ、この施設は
車椅子の方がほとんどですが、まず初め
に青木先生のリードで、ホームのみなさん
にも「ワァー」と大声を出すと同時に、
両手を上げましょうとの呼びかけに、
全員笑顔で応じて、緊張がほぐれて歌が
始まりました。

埴生の宿や、三つのわらべ歌のメドレー
で、ずいずいずっころばし、とおりゃんせ、
あんたがたどこさ、などのなじみ深い曲
では、一緒になって、楽しそうに口ずさ
んでくださいました。

大正琴は3人の演奏で、星影のワルツ、
知床旅情を、また、今までと違った出し
物は、カラフルなコップを伏せて、
リズムに合わせて軽く叩くカップダンス
を披露しました。

終りには、お一人ひとりと握手をして
「お元気でね」と声掛けをして、和やかな
ひとときを共に過ごして参りました。


 

会場全員で声を出し両手を
挙げてリラックス
青木先生はいつも上手に
雰囲気を和らげてくれます
埴生の宿から始めました
小さな四季を歌うアルトの
メンバー


三つのわらべ歌を歌うソプラノ
のメンバー
大正琴で星影のワルツです
同じく大正琴で「知床旅情」
色とりどりのコップを並べて
カップダンスが始まります。
うさぎとかめのリズムでカップ
ダンスです
とうとう最後の歌で
「今日の日はさようなら」を
歌う男性陣です。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター