ウクレレZAMA
                             

座間市立「もくせい園」(知的障害者福祉施設)でウクレレ演奏

 7月3日(火),栗原中央にある座間市立もくせい園でウクレレ演奏をしてきまた。 同施設は知的障害者福祉施設で、18才~40才程、30名程の会員が通園し、ケアーする皆さんなど、40名を越える皆さんに演奏を聞いていただきました。
 午後、1時半頃から45分程、ハワイアンソング、童謡、ホークソング、ナツメロなど、11曲を演奏しました。事前に、園長先生からなリズミカルな曲が好まれるとお聞きしていましたので、明るく、元気に演奏しました。
 テンポの良い曲では、ケアーする皆さんを引き出して、ダンスをしたり、大きな声でリズムをとり、楽しそうでした。 最後は、明るく、元気に、「銀座カンカン娘」を演奏しましたが、大きなアンコールの声で、再び、「線路はつづくよ、どこまでも」を全員で歌いました。
 終わりに、皆さんの代表から、牛乳パックから作った押花のある小カードとビーズで作ったストラップを全員にいただきました。皆さんの心のこもったプレゼント。ありがとうございました。

 演奏曲目は、以下の通りです。

1. 旅愁
2. カイマナヒラ
3. パーリシェル
4. 山小舎の灯
5. 手のひらに太陽を
6. 森の熊さん
7. 線路はつづくよどこまでも
8. 愛のオルゴール
9. ユー・アー・マイサンシャイン
10. 二人でお酒を
11. 銀座カンカン娘


   支援員さんのご挨拶
 ウクレレZAMAのメンバー
手作りストラップと押花入りカード

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター