ざま災害ボランティアネットワーク
                             

座間市 防災とボランティア週間のイベントを支援しました

毎年1月15日から21日は、防災とボランティア週間です。
これは、14年前に阪神淡路地域において発災した「阪神淡路大震災」の記憶をとどめ防災・減災活動の教訓とするために国が定めて全国を挙げて取り組み課題としている週間です。
残念ながら、阪神淡路の地震の記憶も風化しつつあります。しかし、私たちの住んでいる神奈川県も、東海地震、神奈川県西部地震、松田・神縄断層地震など地震の巣を抱えていることも事実です。
このことも踏まえて、市民の皆さんへ「防災・減災」の取り組みをPRさせていただきました。おかげさまで、たくさんの見学者の方がおいでになり共催団体として喜んでおります。
詳細は 
http://www.0462.net/blog/zsbn/index.html ご覧ください。

会員の獲得にも成功しました。防災・減災は一人では出来ません。多くの方が繋がりあうことで安心・安全な町が出来上がります。みなさまの参加をお待ちします。


前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター