ZAMA生涯学習ボランティア研究会
                               

「落語」で地域デビュー

座間市南栗原在住・社会人落語家・,仲亀誠一さん(三遊亭端王)(社会保険労務士・健康・生きがいづくりアドバイザー)が、「落語」で地域デビューしました。
9月17日(土),pm1:30〜、座間市東地区文化センターでZAMA生涯学習ボランテイア研究会主催による「暮らしを豊にする実践講座」が開催され、「落語を楽しむ」〜落語の楽しさ大発見〜をテーマに、三連休、台風接近の不安定な天候にもかかわらず、スタッフ含め40人近い中高年の皆さんに来ていただきました。
第一部は、落語への招待として、プロジェクターを使用し、落語って?落語の歴史、構成、用語解説をわかりやすい説明がありました。
第二部は、社会人落語家による落語実演で、初めに、仲亀さん(三遊亭端王)の三味線いりで、端唄と小ばなしの後、「色物」と言われる落語の登場、時折、クスクスという大人の笑いがこぼれていました。とりとして、同門下の三遊亭
遊王さんが千葉県より応援に駆けつけくれ、本格派の落語を演じていただきました。途中、落語の小道具として手拭が抽選でプレゼントもあり、身近な場所での「落語」、終わりに、自然と拍手が沸き、まずまずの地域デビューでした。


三味線も加わり、端唄も披露
プロジェクターで落語の歴史、用語の解説
いろいろ落語も山場に、

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター