座間安全・安心推進会
                               

谷戸山公園内大量のマンネンタケ駆除依頼

 切株に生えた多量のマンネンタケ。
マンネンタケの場合、胞子は約 5 km 以内では 4700 個/ m2 以内飛散すると言われています。
 また、腐朽菌の1個の子実体から放出される胞子は、数千万〜数十億個と見られる。
としています。
写真の子実体×数千万としたら、恐ろしい感染状態となっていることが予想されます。
 桜・ケヤキ等の樹木はコフキタケ・ベッコウタケ、マンネンタケ等に感染することが多く、根株ごと早急なに駆除、処理を谷戸山公園にお願いした。

写真は「南18」付近の切株

http://zamat.genki365.net/gnkz/mypage/mypage_sheet.php?id=101687

 マンネンタケを裏側から見た写真
右側のマンネンタケは自分達の胞子で真っ白になっている。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター