座間市写真連盟
                             

スポーツ写真 その1

今秋の座間市民芸術祭写真展は、装いを新たにするでしょう。
例年の『自由題』の部門に加えて、新たに『課題部門』が加わる予定です。
で、その課題ですが…今年は『スポーツ』になりそうです。
詳しくは8月1日号の座間市広報で発表とのことです。

これは、どうやら、2020年の東京オリンピックを睨んでのことのようですよ!

座間市写真連盟では、市内のスポーツ各団体に撮影の協力をお願いいたしました。
座間市民活動サポートセンターにお願いして、登録団体にお声掛けしていただきました。
その結果、これまでに幾つかの団体よりお申し出がありました。
写真連盟は、各団体にご挨拶とともに試写に伺いました。

少し古い記録ですが、今回は5月5日にお伺いした野球チームをご紹介いたします。
『還暦軟式野球チーム 座間クラブ』様です。
メンバー全員が、オーバー還暦であるとか!
なかには古希を迎えた方もいらっしゃるそうで、私ものんきに写真なんか撮ってる場合じゃないな! と、体力面・気力面でプレッシャーを感じました!

作品レベルには程遠い写真ですが、雰囲気が伝わればと、ご紹介いたします。

『還暦軟式野球チーム 座間クラブ』様は、いつでもどこでも撮影OK !
試合のみならず、普段の練習も撮って良いとご理解をいただきました。
皆さん、撮りに行きましょう!


サウスポーのスリークォーター
なんか、恰好いいですね
ファウルチップするだけで凄いです
ファウルボールを追うこの瞬発力
手首がかえって鋭いインパクト
見事なヒットでした
ランナーを刺さんと牽制の構え
ゲームメイクはキャッチャーの役目
王選手を彷彿とさせてくれます
試合が済んでグランドの整備
とても綺麗に整えられていました

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター