谷戸田の会
                               

2019_1苗作り

田植えのための苗作り

谷戸田では、古代米(赤米と黒米)を作っています。
昨年の収穫から、それぞれ5合程を保存して置いたものが、今年の種米です。

先ず昨年の苗代の土を入れ替え、肥料を蒔きます。


種まきの3日前から種米を水に浸しておきます。
苗代に籾を蒔き、其上に日光の熱を受けて温めるため、籾を焼いた籾炭で覆っておきます。
鳥に種籾を食べられないように、網をかぶせておきます。
種まきが4月始め。
1月で5センチ程になりました。
もう少し大きくなれば田植えが出来そうです。

田植えに備え、田の手入れも進めます。
作業の合間の一休みです。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター