ピースフォーラム座間
                               

第10回ピースフェスティバル開催報告(2018.11.18)

第10回座間ピースフェスティバルは2018年11月18日(日)に快晴のもと行われました。

今年は10周年を記念してその言葉を和紙に書き、ひもを通して青空にたなびかせ、私たちの気持ちをのせました。ハート型の風船がそばでほほえんでいるようでした。

暖かい陽射しの中で、オカリナやギター、ハーモニカの演奏と、「座間の平和の木」と「一人の手」の合唱に、道を隔ててふるさとまつりに行き人たちも見つめていました。

催し物のコーナーでは、例年になく人通りが多く、子どもコーナーでも、じっくり座ってパラシュートや、風車、折り紙などや草の実を投げて衣服にくっつける「おなもみ遊び」に大人も夢中になっていました。

(次の段に続く)

「葉っぱのメッセージ」は127枚もあり、今年は子どもから「せんそうはいやです! だからへいわをつくってすてきなまちにしたいです。」と、戦争はいや、平和な社会にしてほしいといったメッセージが多く寄せられました。
12月25日に座間市長に「葉っぱのメッセージ」をアルバムにしてお届け致しました。

これらの思いが市政に反映されることを願ってやみません。ピースメッセージをお寄せ下さいました皆様、ありがとうございました。

なお、バザーの収益金は、今回も東北の被災した動物支援にお送りしました。
「座間の平和の木」に葉っぱのメッセージを貼ってもらいました。
にぎわう催し物コーナー
パラシュートや風車づくりに夢中な子どもたち
(ピースメッセージ)ここから
(ピースメッセージ)ここまで
会場周辺の放射線量簡易測定結果(当日)

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター