回想法プランニング座間
                             

H25座間市相互提案型協働事業 「フォローアップ事業 お話サロン相談会」を開催しました。2013/6/17

H25年度 座間市提案型協働事業
「回想法を利用した介護予防推進及び、地域ボランティア育成事業」の一環として、『フォローアップ事業 お話サロン相談会』を開催しました。


昨年度の協働事業でつくられた2つのお話サロンの運営状況をお聞きし、今後の運営に向けてのアドバイスなどを行いました。


********************************

日時:2013年6月17日(月) 
   13:30〜15:00 

於 :座間市民活動サポートセンター 
   フリースペース

アドバイザー:高島浩子 先生
    (回想法プランニング代表
 日本認知症ケア学会所属)

********************************

進行は、団体代表の本間。
市担当課を代表して、介護保険課長の木口さんにも参加していただきました。
最初に、さがみ野のサロンを代表して、渡辺さんより、運営状況を報告していただきました。

現在の参加申込者は6名で、運営ボランティアは、渡辺さんを含め5名だそうです。

昨年度に比べて、気持ちに余裕がでてきて、自分自身も楽しみながらサロンの進行(リーダー役)ができるようになったそうです。

講義で学んだ基本をおさえつつも、ボランティア同士で相談して、運営方法をいろいろ工夫されていました。
続いて、広野台のサロンの様子を橋本様から報告していただきました。

現在の参加者は6〜8名で、ほとんどの方が昨年度から継続されて参加されているそうです。
お友達を誘ってくださる方もいて、クチコミでじょじょに参加者が増えているそうです。

2つのサロンの報告を受けて、高島先生より、実践的なアドバイスをいただきました。

また、何回もやることで、自信につながる。苦しい思いをするほど、スキルが上がる!といった励ましの言葉をかけていただきました。
我々、団体のメンバーにとっても、サロンの運営ボランティアさんに刺激を受けたひとときでした。

回想法の実践者を増やすために、そして、高齢者の笑顔を増やすために、これからもがんばりたいと思います!!
 
 

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター