座間安全・安心推進会
                               

カシナガキクイムシの活動が急増

 昨日の雨が影響したのかカシナガが急増した

 6月5日

 カシナガは、キュウ・キュウと鳴いて仲間を呼ぶと言うが、粘着シートに固まって張り付いていた。
 
 上の二匹はアリさん

 拡大するとカシナガであることが分かる。
  粘着面を幹に対して表側にすることで、新たに 穿孔 することを防ぎ、ナラ枯を防止し、そしてカシナガを捉える。一石二鳥
  粘着面を幹に対して内側にすることで、幹内のカシナガを捉えることができるが、外部のカシナガは捉えることはできない。
 
 幹内のカシナガも外部に飛び出すことはできず、やはり粘着面は外側で正解か?。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター