座間安全・安心推進会
                               

根頭がんしゅ病

   根頭がんしゅ病による倒木

 通常多くの「根頭がんしゅ病」が、根と幹の境界部分(地面に接している部分)にできる「こぶ」ですが、徐々に幹上部に感染していく。原因は土壌細菌による感染とされる。
 
 感染部の内部を確認すると腐朽した粉が確認され、ベッコウタケ、コフキタケ等の腐朽とにた症状となる。

  特大根頭がんしゅ病

幹内部腐朽度確認
  根頭がんしゅ病樹木恐れにつき伐採した。

幹内部腐朽度確認
 根頭がんしゅ病幹内部確認

幹内部腐朽度確認
 腐朽した木くずが出て来た

 幹内部腐朽度確認

この木は樹内部腐朽大として、座間市で伐採して頂いた。

 ベッコウタケ、コフキタケと同じ症状を示している。
 根頭がんしゅ病、座間市で伐採
 根頭がんしゅ病
  こぶ病・根頭がんしゅ病によるり枯れたハンノ木。
  傷部から感染
  根を傷つけ感染
  傷部から感染
 傷部から感染
 傷部から感染
 傷部から感染
 傷部から感染
 根部の傷から感染

 草刈り機の傷口から感染??
    根頭がんしゅ病

 幹も重体

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター