座間安全・安心推進会
                               

入谷小学校コフキタケ駆除

  入谷小学校桜コフキタケに感染


 コフキタケは多年生のキノコという特徴があります。

多年生ということは、発生したキノコは毎年大きくなると同時に幹内部を腐朽させます。

 ベッコウタケは一年生のキノコなので、冬になると枯れてしまいますが幹内部真菌は増殖し続け、翌年子実体(キノコ)は新たに出てきます。

いずれにしても、ベッコウタケとコフキタケは両横綱の恐ろしいキノコです。
 

・コフキタケは木材腐朽菌であり、その中でも腐朽力が強いタイプのキノコです。

・コフキタケは死んだ組織だけではなく、生きた組織にも感染して木材を腐朽させます。

・健康に見える樹木でもコフキタケが発生していたら、内部は腐朽が進行している可能性が高い。
・内部の腐朽が進行すると、倒木のリスクが高くなります。

・木が倒れると危ないです。人や車が頻繁に通行するような場所では大事故につながります。

・コフキタケの発生⇒木を内部から腐らせる⇒外見からはわからない⇒突然の倒木発生させる。
 コフキタケが発生していた太枝を切断(座間市)したら既に内部は腐朽していた。
  コフキタケを発見したら早期に駆除しないと、他の樹木に次から次と感染してゆく。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター