ホーム > 活動報告 > 立野台コミセン“そば打ち体験講習会”H30年1月27日(土)・28日(日)

立野台コミセン“そば打ち体験講習会”H30年1月27日(土)・28日(日)

1月27日(土)・28日(日)立野台コミュニティーセンター実習室に於いて
講師に柴山さん、鹿野さん、高橋さん、市川さんの指導のもと、男性8名、女性10名計18名の参加を頂き、土日に別れ“そば打ち体験講習会”が実施されました。
 北海道幌内より取り寄せた挽きたてのそば粉を使用して二八そばを打つ
 いつもよりおいしい“そば”が出来ました。
 4人分を一人で「粉ふるい→水あわせ→練り→延し→切り」全てを体験、一人前をゆでて、あげたての、天ぷらとともに試食、残り3人分をそばつゆとともに持ち帰り。
出来上がった“ソバ”は皆さんで美味しく試食、楽しいひと時を過ごしました。
 参加者の感想
 ・カルチャーで習うととても高いが、リーズナブルで、おみやげまで付いて大満足。
 ・室温や人の手の温かさで水加減が違うことが実感できた。
 ・少し太くなってしまったが、自分でうったそばは美味しい!
 ・おそばが大好き!広報を見て参加した、また来たい(中国の方)
  等々、
講師より
 ・そばを食べたら、そば湯を必ず飲んで欲しい(多くのルチンを含んでいます。)
 ・打ったそばは、なるべく今日中に食べてほしい。
 ・皆さん上手です。
 以上。
 

水まわし(まとめ)の様子。
“こね”の始まり、しっかりこねて!!
よくこねたら、のばしの始まり。
切り幅を揃えて切りましょう。
切りわけたら、よくほぐして、
その後、湯がいて水にさらして
てんぷらも添え、出来上がった  “ソバ”の試食。
自分で打った“ソバ”の味は
格別、美味しくいただきました。
この情報は、「立野台コミュニティセンター 管理運営委員会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ