ホーム > 活動報告 > H29年8月芹沢自然観察会27日

H29年8月芹沢自然観察会27日

8月はセミの脱け殻を集めながらの観察会です。道々セミの脱け殻を集め、鳥はさえずりもなく静かです。セミはミンミンがにぎやかでツクツクも、更に3箇所ほどでクマゼミの鳴き声が聞こえます。

時間:6時半から9時。天気:曇りがちの晴で少し涼しい。参加者:11名

(左画像)コブシの枝先に集まったセミの脱け殻

<野鳥>
ハシブトガラス、コゲラ、ハクセキレイ、ツミf、シジュウカラ、メジロ、キジバト、スズメ、ドバト、カワラヒワ、ツバメ、ヒヨドリ、ムクドリ、ハシボソガラス(14種)
◆ツミ2羽が上空を旋回。同定は翼先の初列風切り5枚の羽根を確認しました。
◆ひまわり畑も終わって、落ちた種を食べに雀群れにカワラヒワが混ざる。
<トンボ>シオカラトンボ、ウスバキトンボ、アキアカネ
<チョウ>ヤマトシジミ、ウラギンシジミ、ダイミョウセセリ、サトキマダラヒカゲ、アカボシゴマダラ、モンシロチョウ、コミスジ、スジグロシロチョウ、キアゲハ、ヒメアカタテハ、アサギマダラ(11種)
<セミの声>ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、クマゼミ、姿アブラゼミ
<他の昆虫>オオカマキリ、ヨコヅナサシガメ、キバラヘリカメムシ、アカスジキンカメムシ、マメコガネ交尾

<植物>花:ヘクソカズラ、ヤブミョウガ(実も)、オトコエシ、キツネノカミソリ(実も)、ヤブマオ、オノドコr、ヨウシュヤマゴボウ、イノコヅチ、カラスウり、キツネノマゴ、ヤブラン、ミズヒキ、ノブキ、ソクズ
ヤブミョウガ(実)
キツネノカミソリ
オトコエシ
ヤブマオ
マメコガネ交尾
オニドコロ実
ソクズ
オオカマキリ
サトキマダラヒカゲ
ヨコヅナサシガメ幼虫
ヤマトシジミ
<セミの抜け殻調査>
余り集めないでとお願いしましたが、集め出すと止められなくなりますね。今季はツクツクが沢山集まりました。ツクツクは羽化最盛期だったようです。
クマゼミは鳴いていましたけど、脱け殻は今年もありませんでした。
この情報は、「芹沢親と子の自然観察会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ