ホーム > 会員募集 > 私たちはこんなボランティアのあつまりです

件名 私たちはこんなボランティアのあつまりです
募集団体 座間市ボランティア連絡協議会 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
活動日時 団体によって異なります 
締切日 まずはご連絡をください 
活動場所 団体によって異なります 
地図・案内図  
募集人数  
オリエンテーションの有無  
費用負担 団体によって異なります 
申込方法 まずはご連絡をください 
内容詳細 【グループ名】座間市点訳サークルあかり会

定例会が月に3回あり勉強会等を行っている。
 主な内容としては、月刊あかり発行や社協・視障協・視障者・市よりの
依頼物の点訳と行事への協力、視覚障害者との親睦・交流、点字図書、パンフレットの製作を行っています。
※最近、街のあちこちで、またビール缶などで点字を目にすることが
ありませんか。
 私達は点字を打つことで目の不自由な方々のお手伝いをしています。
 点字はすぐに完全にマスターできるものではありませんが、細く長く続けることがコツです。楽しい仲間が親切に教えてくれます。一緒に活動しませんか。



【グループ名】座間録音奉仕グループ泉の会

 録音活動を通じて視覚障害者の方々へのボランティアを行っています。
主なものは、声の『広報ざま(1日号、15日号)』、『座間市議会だより』、
テープ雑誌『いずみ』、『朝日新聞「天声人語」』を各週毎、そして『座間市しゃきょう』。これらの他に録音図書などもあります。
 活動時間は不定期で会員を4グループに分けてそれぞれのグループがロー
テーションを組んで上記の録音活動を行っています。



【グループ名】座間市視覚障害者「誘導グループ」

視覚障害者の方々が外出する際の誘導援助をしています。
主な行き先は図書館や体育館、ライトセンター(プール等)、ハーモニーホール
(催し物等)、コンサート、病院、座間市役所、美容院、講演会など。
年に1回開催の社協主催誘導援助講習会にて協力しています。
※私たちのグループは現在23名中、16名が女性で男性は7名です。
 しかし、視覚障害者の方は女性ばかりではありません。男性の視覚障害者の方の誘導 援助を行う場合、同姓同士の方がスムーズにいくことが多々あるのです。大変不足している男性の方、特に入会を切望いたします!



【グループ名】拡大写本サークルつばさ

 弱視者向けに手書きで大きな文字の教科書を作っています。
活動日は月1回第3金曜に定例会とグループ(教科ごと)別に、金曜日を中心に活動しています。
*書くことに興味のある方の入会を歓迎します。
 講習会を年に1回開催(秋ごろ予定)
ご案内は「広報ざま」に掲載します。



 
関連URL  
問い合わせ先 座間市社会福祉協議会ボランティアセンター
TEL:046−266−2002
FAX:046−266−2009
Mail:zamavc@mc.point.ne.jp 
この情報は、「座間市ボランティア連絡協議会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ