ホーム > 活動報告 > ♪学習会「被災地は今 〜心の復興と新しい取組み〜」で報告しました♪ 2019年2月4日(月)

学習会「被災地は今〜心の復興と新しい取組み」で報告しました 2019年2月4日(月)

<2019年2月4(日) 10:00〜13:00
       ひだまりの家にて>
 
 昨年12月に「3.11を想う会」のメンバー3人が宮城県石巻市などを訪問し、その報告をさせていただきました。
 今回はメンバーの多くが加入している生活クラブ生協座間コモンズの「東日本大震災復興支援チーム」が主催する『復興*防災カフェ』の学習会にてお話ししました。

 震災から8年経った今だからこそ、石巻市では「心の復興」が大きな問題になっています。若者の引きこもりや子どもたちの不登校がとても多いのです。
 今回は彼らをサポートされている1企業と3団体を訪問し、児童74名が犠牲となった大川小学校での「大川伝承の集い」に参加しました。

 あのような大きな災害の後、大人が精いっぱいの状況の中、子どもたちは自分を押し殺してしまい、それが大きな傷となり、様々な形で表れています。
 それは震災後に生まれた子どもたちであっても同じです。震災の影響で離婚や家庭不和となり、傷ついている子どもが多いのです。

 しかし、そのような若者、子どもをなんとか元気にしたいと活動されている方たちが多くいます。ご自身もつらい思いをされたのに、「だからこそ寄り添いたい」と活動されている人も!
 
 また、大川小学校ではお子さんを亡くされた方たちが、あの場にいたお子さん自身が、「このような思いをしてほしくない!」一心で当時のことを語られていました。

 遠く離れている私たちは直接活動に関われませんが、少しでも役に立てればと、私たちにできることをこれからも継続していきたいと思いました。参加者の方から「もっと大勢の人に聞いてほしい」と言われ、とても励みになりました。

 学習会終了後、生活クラブ生協の提携生産者のわかめと練り物の試食もありました。食べることも応援ですネ!

 皆さんもぜひ、被災地に足を運んでみてください!
私たちもガレージセールやバザーを通して、お伝えしたいです。
 
<2018年12月8日〜9日
  訪問地、訪問団体>

 蟾盒尭措商店
 こどものまち・いしのまき
 東松島子どもグリーフサポート
 NPO法人こども∞感ぱにー
 大川伝承の集い〜大川小学校〜



☆お楽しみ試食 その1☆ 

 <早採りわかめ>
 
 岩手県宮古市の重茂漁
協は震災の大津波で大打
撃を受けながらも、みん
なで助け合うことで生産
も震災前の状態に近くな
っています。

 重茂漁協では1月から
2月にわかめの新芽を収
穫します。
 1月末のガレージセール
でも好評だった貴重なわ
かめ。今回もしゃぶしゃ
ぶにして堪能しました。

 このわかめを食べるた
めに、風邪を一生懸命治
して参加された方もいま
したよー♪

☆お楽しみ試食 その2☆
  
 <練り物 4種>
 
 訪問先でもあった高橋徳
治商店の無添加の笹かまぼ
こなど4種を試食しました。

「練り物は添加物が多いの
で買わない」という人も
「おいしい!」と納得され
ていました。

 この会社は昨年、野菜加
工工場を新設し、引きこも
りなど困難を抱える若者が
就労しています。全社員が
若者を見守っています。

 そんな人のぬくもりが練
り物にもしっかり味となっ
てしみ込んでいます。
   ☆今後のの予定☆

●ガレージセール
 3月23日(土)11:00〜14:00
 
 看板を目印に遊びに来てねー♪

 お買い物はもちろん、震災、
 防災のことなど、たくさん
 おしゃべりしましょう♪♪

 ★お家で眠っている物、
  ありませんか?
  ぜひ、ご提供ください。
  手作り品も大歓迎!

 お気軽にご連絡ください。
 (連絡先)
 <電話>090-6945-2295(一政)
 <メール>   
   suzu.nobu0522@gmail.com 
 
この情報は、「3.11を想う会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ