栗コミフォトクラブ
                               

栗コミフォト 2018年 6月30日 WEBギャラリー

関東地方では28日に早々と梅雨明け宣言がなされました。 これは梅雨明けの記録を取り始めた1951年以来最速の梅雨明け宣言だそうです。 
ただ、少し夏場の渇水も気になる処で、梅雨明け宣言とほぼ同時に利根川水系の貯水率が61%と言った報告もありました。
水不足になるかどうかは神のみぞ知るですが、望むらくは多少の降雨により農作物に影響が出ない様に祈るばかりです。

撮影者 :ツチカネ

コメント:
ここの五重の搭はPC工法と言ってコンクリートパイルを組み立てた搭である。その昔、桜建設が
手がけたエッピンである。1339年、常陸合戦に従軍して戦死した山之内経之供養塔も由緒ある遺跡である。
タイトル:五重塔
タイトル:山之内経之供養塔

撮影者 :タカイ

コメント:
今回は梅雨時でもあるので自分の庭周りで被写体をさがしてみました。 パソコンの応答が遅く動かなくなることにイラつくこの頃です。
タイトル:雨上がりの水溜り
タイトル:木漏れ日との競演

撮影者 :オカ

コメント:
紫陽花と茅葺き屋根の組み合わせは、落ち着いた雰囲気を演出し、郷愁を感じます。
そして、手前で眺める女性が加わり、更に印象的です。
タイトル:紫陽花と茅葺き屋根
タイトル:湘南の午後

撮影者 :フクツカ

コメント:
雨上がりの雨滴に濡れる紫陽花は風情があって好きだが、淡く輝く様に見える紫陽花の表情も好きである。 その雰囲気が少し表れている写真を選んで見た。
タイトル:淡い輝き-1
タイトル:淡い輝き-2

撮影者 :ノムラ

コメント:
昨日、梅雨が明けました。当分の間暑さと付き合わなければなりません。
そんな時でも花はきちんと咲いてくれます。「やるべき事はやろうよ」と、言われている気がします。


タイトル:松葉ボタン
タイトル:ゼラニウムと
        サヒィニア
撮影者 :タカハシ

コメント:
梅雨には紫陽花が似合いますね。雨降りに紫陽花がどこまでも咲いている風景は何とも言えないですね。大きな公園の東屋からそれを眺めながら友と語らいながら一杯というのも、春の桜と違った風情がありますね。

タイトル:梅雨入りー1
タイトル:梅雨入りー2
撮影者 :ノグチ

コメント:
芹沢公園の南側が再整備され、
橋の塗り替えや子供用遊具も設置されて赤が映えます。
何と言っても早朝散歩はお薦めの場所となりました。
タイトル:無題
タイトル:無題

撮影者 :カツタ

コメント:
厚木にあるアンティーク調なレストランです。ちょうど薔薇の時季で綺麗でした。他の季節にも花々が咲き香っているようです。
タイトル:栗の里(ローズ)
タイトル:栗の里

撮影者 :オザワ

コメント:
我が家の愛猫まるちゃん(マンチカン 2歳雌)です。
梅雨の晴れ間の早朝。朝の光を大木の陰から
タイトル:愛猫 ”まるちゃん”
タイトル:公園の早朝

撮影者 :サカモト

コメント:
カミさんと義姉とその友人と4人で英国を旅してきました。
Oxfordでは卒業前の試験が終わったとの事で学生たちが大勢街の至る所で祝賀会に興じていました。 ただ、本当に試験にパスするものやらどうか?
タイトル:前祝い
タイトル:仮面楽団

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター