白寿会さがみ野クラブ
                               

会報6月号「演芸大会の報告など」

 6月2日の役員会において6月もカラオケを楽しむ会・わくわくサロン・各サークルからの案内・地域のクリーン作戦・市道沿いの花壇に赤いヒマワリの植栽すること等、いろいろな活動を検討し会員にお知らせすることができました。
 今回は、座間市内に82ある老人クラブで近所に属する7つクラブで6月8日(金)「第36会 演芸大会」が座間市ハーモニーホールで行われました。
 そこで「白寿会さがみ野クラブ」の会員の演技の模様を紹介します。
 なお、参加者40名は全員あこがれステージにたっています。ご覧ください。

 ・会報6月号の2面
 ・トップは、日ごろ鍛えた
   カラオケ。
 ・「鳳仙花」の曲に合わせて
   リズム体操。
・昔、懐かしい「別れ1本杉」を 男性コーラス。



 ・カラオケ「百歳音頭」に合わ  せて輪踊り。
・バラバラ踊りもステキでした。
 ・ウチワに「白寿会さがみ野ク  ラブ」10名の踊りでした。
・マジック「破れた百万札が復活 しました」胸がドキドキ。
 ・不思議な4本のリング。
    ・3B体操
・美声カラオケ「二人でお酒   を」の曲に合わせて3B体操。
・抒情歌「知床旅情」美しい
 ハーモニーで、女性コーラス。
 ・美声のカラオケで
  「ねぶた恋祭り」。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター