還暦軟式野球チーム「座間クラブ」
                           

還暦軟式野球チーム「座間クラブ」 6月16日の試合結果


 平成30年度  県央野球愛好会  リーグ戦

     還暦の部  

    平成30年6月16日  土曜日   第一試合

    球場  秦野中栄信金スタジアム


  「座間クラブ」対「海老名クラブ」と対戦しました。「座間クラブ」が最終回の裏3X対2で逆転勝利しました。

   海老名クラブ   0 0 0 0 0 0 2  2 

   座間クラブ    0 0 0 0 1 0 3X  3X   


   1回 表 先頭打者にヒットを打たれたが牽制球でアウトにして流れを変え後続を断ちました。(先発伊藤投手)
 
  1回 裏 三者凡退にうち取られました。
 
  2回 表 三者凡退に打ち取りました。
  
  2回 裏 ワンアウト後 レフトセンター間に三塁打を放ちましたが後続続かず。 

  3回 表 三者凡退に押さえました。 

  3回 裏 ワンアウト後 鈴木選手がヒットを放つたが後続続かず。
 
  4回 表 ワンアウト後 ヒットを打たれたが後続を断ちました。 

  4回 裏 ツーアウト後 三番 那須選手がライトオーバーの三塁打を放ったが後続続かず。

  5回 表 ワンアウト後 ヒットを打たれたが後続を断ちました。

  5回 裏 先頭打者の5番 山崎捕手ヒットを放ったが後続続かず。

  6回 表 先頭打者にヒットを打たれたが、後続を断ちました。

  6回 裏 三者凡退に打ち取られました。

  7回 表 先頭打者にヒットを打たれ、ライトフライをエラーで一塁、二塁になりワンアウト後 二塁打を打たれ2点を上げられましたが、後続を断ちました。

  7回 裏 ツーアウト後 4番 吉田選手が執念の二塁打を放ち、5番 山崎捕手がセカンドフライを放ち落球して、一塁、三塁になり盗塁をし、二塁、三塁で6番 操選手がセンターに三塁打を放ち同点後 返球が三塁側にコロがり、操選手が生還して3点を上げ奇跡の逆転をしました。


   * 伊藤投手が粘り強く投げ切りました。
 
   * 7回裏の執念の吉田選手、山崎選手、操選手の最後まで諦めない執念は流石でした。

   *  最後まで全員が諦めなかった結果でした、みんなで共有してこれからの試合に活かして行きましょう(絶体絶命の軌跡でした)


 
   

カルチャーパークに咲くアジサイの花が綺麗でした。
梅雨空の球場でグランド整備する「秦野遊球倶楽部」の皆様です。何時もありがとう御座います。最高のコンデションでした。
今日は参加者が少ない選手です。
ベンチ前で準備する選手達です。
好打順で得点のチャンスを待つ選手です。(バッターは吉田選手、次バッターは山崎選手です)
硬直状態のゲーム展開でベンチから応援する選手達です。
バッターは伊藤投手です。三塁には山崎選手がホームを狙っています。
最終回に三塁打を放ち同点にし、決勝のホームを踏んだ操選手です。
カルチャーパークに咲くアジサイの花が綺麗でした。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター