男が楽しむ料理サークル
                             

男が楽しむ料理サークル(平成29年12月)の献立等



いつもお世話になっております。「男が楽しむ料理サークル」です。 


*** 平成29年12月2日(第1土曜日)***
  出席者:10名(先生2名、会員8名)

  1)鶏肉とさつまいもの甘酢あん
  2)柿の胡麻だれ和え
  3)まぐろの中国風刺身
4)黒豆ごはん

******  今後の予定等  ********
今後の予定(平成29年)
1月 7日(第一日曜日)
2月 4日(第一日曜日)
3月 4日(第一日曜日)

***********************

現在、会員募集中です。 見学大歓迎です。
活動場所は、「北地区文化センター」です。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

当料理サークルは、毎年8月を除いて毎月1回の活動(料理実習)を行っています。
皆で、ワイワイと語り合いながら、同じ釜の飯を食します。

   男が楽しむ料理サークル連絡先:中村亮一
    046-258-0938
   ryoichi.nakamura@jcom.home.ne.jp

閲覧ありがとうございました。

 
   

【各材料の数量は4人分です。】


1)鶏肉とさつまいもの甘酢あん
鶏肉とムネ肉(各250g)一口大に酒と塩を少々ふり、片栗粉をまぶす。サツマイモは一口大の乱切りし塩水に5分位浸ける。ショウガは千切り。
下ごしらえ(2)

2)柿の胡麻だれ和え
ほうれん草と小松菜(各150g)を茹でて水気にさらし、水気をしぼり、4cm長さに切る。しめじはさっと茹でてザルにあげて冷ます。柿1個を千切りにする。
下ごしらえ(3)
3)まぐろの中国風刺身
まぐろは、薄切りにする。野菜(大根5cm、人参1/2本、セロリ1本、キュウリ1本、ネギ1/2本、ショウガ1片)は千切りにする。ミョウガ(2個)は薄切りにして水にさらす。

4)黒豆ごはん
黒豆(4人分で80g)は洗ってかぶる位の水につけて一晩置き、十分に戻す。
1)鶏肉とさつまいもの甘酢あん
甘酢あんをつくる:鍋に水(200cc)、醤油大さじ2、砂糖大さじ2、酢大さじ2を入れて煮立て、水溶き片栗粉でとろみをつける。
1)鶏肉とさつまいもの甘酢あん
少し低めの揚げ油にさつまいもを入れて、徐々に温度を上げながら揚げる。
1)鶏肉とさつまいもの甘酢あん
さつまいもに続いて、鶏肉を揚げる。
2)柿の胡麻だれ和え
「下ごしらえ(2)」で作ったほうれん草、小松菜、しめじ、柿に、たれ(スリ胡麻大さじ5、マヨネーズ大さじ3、砂糖大さじ2、醤油小さじ1、塩少々)をボウルにいれて混ぜ合わせて出来上がり。
3)まぐろの中国風刺身
わんたんの皮は1cm幅に切って、カリッと揚げる。
3)まぐろの中国風刺身
「下ごしらえ(3)」でつくった野菜、ピーナツ、マグロ薄切りと揚げたわんたんをお皿に盛って、たれ(醤油大さじ2、ごま油大さじ2、酢大さじ2、砂糖小さじ2、酒小さじ1、塩少々)をかけて頂く。
4)黒豆ごはん
米(4人分で2合)は炊く30分前に洗い、炊飯器に入れる。水分量は、黒豆のつけ汁と水を合わせた量。昆布5cm、塩小さじ1/3、酒大さじ2を加える。
4)黒豆ごはん
黒豆を加える。繰り返しになるが、黒豆以外で水分量を調整する。
4)黒豆ごはん
炊きあがったところ。
調理風景
調理風景
調理風景

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター