谷戸田の会
                               

水不足の中での田植え (2017年)

今年は田植えシーズンに雨がほとんど降らず、田植えが遅れました。

6月10日と23日に行いましたが、この田はすべてを雨水に頼っているので、この様な年は大変です。

10日は特にひどく、ひび割れた田に、場所によっては、棒で穴をあけて植えこみました。
23日は数日前にまとまった雨が降り、田植えらしくなりましたが、それでも地面が半分以上、水面の上に顔をだしています
稲が付いてくれるか心配でしたが、何とか頑張ってくれています(7月3日)
田圃に水が無いと、この様に雑草が茂ります。
今年は、あぜ道や周囲の草刈りだけでなく、田圃の中の草刈りにまで追われています。
草刈りに努めた結果、何とか育っていますが(7月28日)水不足のため稲の分けつ(枝分かれ)が進まず間がスカスカです。
このままでは、今年の収穫が大幅に減りそうです。
この日、水鳥の池のそばで、コジュケイ(小綬鶏)を見ました。
写真は角度が悪くて首元の鮮やか赤褐色が、良く写っていませんが、キジかと思うほど綺麗でした。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター