還暦軟式野球チーム「座間クラブ」
                             

チャレンジデーZAMA2017古希・還暦野球に参加して。



 「チャレンジデーZAMA2017」古希・還暦野球に参加して

   日時   20117年5月31日 水曜日 8・00〜12・30        

   場所   座間市民球場

   参加者  座間市野球協会審判部(飯島。菊田、清水、弓田さん)

        古希の部  ざまりん、古希グランパース

        還暦の部  座間クラブ、座間グランパース、司、座間ベルリンガー、座間シルバーズ、火曜会野球


  天候に恵まれ大勢の選手が各チームから参加し、各チームとのコミニケーション、野球の楽しさを参加者全員が体験、共有出ました。これから高齢化になりいつまでも楽しい野球が出来ように、日頃の運動が必要と思います。お互いに声を掛けあい健康維持に努めましょう。


 1.審判講習会  
     講師 アマチア軟式野球審判スーパーバイザー 加藤末利さん

  1)野球をする上でプレーしたり、審判をするときに、ルールを認識する必要があります。今回 加藤末利さんにお願いして、それぞれのポジションについて指導をして頂きました。

  2)主審におけるストライクゾーン、立ち位置、コール、その他について、選手からの質問についても丁寧に指導を受けました。

  3)一塁、二塁、三塁についても指導を受けました。

  4)審判の難しさを改めて認識させて頂きましたと同時に、ルールを認識して更に 野球の楽しさを再認識しました。

 
  2.古希の交流試合

    「ざまりん」対「古希グラパース」が行われました。熱戦の上 5X対4で「古希グランパース」がサヨナラ勝ちしました。

   * 素晴らしい試合が出来ました。


  3.還暦の交流試合

    「還暦 A」対「還暦 B]が対戦しました。「還暦 A」が15対1の大差で勝利しました。

 * 参加者の皆さん有難うございました。無事に今年も楽しい野球が出来ることが出来ましたことは、座間市野球協会審判の皆さんのお蔭です。感謝申し上げます。

 * 責任者の座間野球協会 吉田理事お疲れ様でした。

 * 野球を通じて皆さんとのコミニケーションが出来、野球の楽しさを再認識しました。




   

 
   

指導をして頂ける白いポロシャツの加藤末利さんです。
ホームベース上に集まり指導を受ける選手達です。
熱心に指導を受ける選手達です。
ストライクゾーンの位置を丁寧に指導を受けている選手達です。
ストライクゾーンの位置を指導する加藤末利さんです。
一塁側での塁審の位置を確認する選手達です。
全体が見える位置どりの大切さを指導を受ける選手達です。
一塁でランナーが出た時の塁審の位置を確認してます。
二塁での塁審の位置取りを確認してます。守備に邪魔にならない位置が大切です。
三塁での塁審の位置を確認してます。
古希グランパスチームがベンチ前に勢揃いです。80歳の人も頑張っています。
ざまりんチームの選手がベンチ前に勢揃いです。このチームも80歳の人が頑張っています。
ざまりんの選手がベンチ前で応援してます。
ベンチ前で選手達でゴロの取り方を確認しています?いつになっても学びです。
ざまりんが攻撃です。みんな一生懸命です。素晴らしい姿です。
ざまりんの選手が次席で待つ選手です。
古希グラバースのベンチです、選手の皆さん楽しそうです。
ベンチで攻撃を応援する選手達です。皆さん真剣です。
ベンチから体を乗り出し応援する選手達です。
ベンチで采配をする富樫監督です。満足そうな笑顔です。健康の源です。
5回までのスコアーです。4対4の同点です。
古希グランパースの攻撃です。
まだ古希グランパースの攻撃が続いています。
還暦 Aチームの選手の皆さんです。全員 60歳以上です、皆さん良い顔してます。
還暦 Bチームの選手の皆さんです。全員60歳以上の皆さんです。若いですね。
試合終了後両チームが整列しました。
試合終了後お互いがたたえ合う両チームの選手達です。
両チームが挨拶後ベンチに引き揚げる選手達です。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター