座間市手話サークル 星の会
                               

平成29年度がスタートしました。

 4月2日の総会で新役員が選出され 平成29年度がスタートしました。
定例会を始め 社会見学、餅つき大会、クリスマス会、新年会などなど・・・楽しい行事が盛りだくさん。
 定例の学習会や外部講師を招いての講習会ほか、いろいろな行事を通してろう者と交流しながらろう者の言語である手話の習得に励んでいます。
 星の会では手話に興味をお持ちの方の入会をお待ちしています。 昼の部・夜の部 どちらも自由に見学ができますので、一度覗いて見ませんか。
昨年度の活動内容の一部を紹介します。

社会見学で小田原の『鈴廣』に行き、かまぼこ作りを体験しました。
福祉大会での一コマです。
『福祉憲章』の場面で、サークルのメンバーが舞台の両側に立ち、司会者の朗読に合わせて手話で表現します。その他『国歌』『標語』『最優秀福祉作文』なども指文字や手話で表現します。
また。サニープレイスで同時開催の『福祉オリエンテーリング』ではミニ手話教室を開いています。
餅つき大会の一コマです。
大人も子供も一緒になって楽しめる行事です。
大福・納豆・きな粉・大根おろし・生姜など、いろいろなからみ餅を作ります。
その他 豚汁・とり肉の燻製・サラダなど盛りだくさんの内容です。
サークル最大のイベントであるXmas会での一コマです。
昼の部は手話劇で、夜の部はゲームで会場全体が盛り上がります。
北地区文化センターが主催する「はじめての手話講座」を受講した小中学生やそのお母さん方による手話歌も披露され、賑やかに行われました。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター