「スキップ」 ざまの介護情報誌を作る会
                           

【座間にみま〜もがやってくる!】 ご報告

平成29年2月17日(金)

■イベント!■ 
  座間にみま〜もやってくる!が開催されました。

講師:東京都大田区の地域包括支援センター 澤登久雄さん

大田区のまちづくり活動のお話。
日頃、包括のお仕事は個別ケースや介護予防プランに追われ、包括がやらなければならない住民支援に手がまわらない。これでは、何も解決せず、超高齢社会に向けて益々忙しくなるばかり。
そこで、立ち上がります。

地域の企業や病院、福祉施設などが協賛金を出し合い、商店街を巻き込み、地域の人々が参加する仕組みを・・・。
詳細は、こちらをご覧ください。http://mima-mo.net/


以前からスキップで話している地域活動の課題!

それは、

 ヽ萋鞍顱扮娠槌顱砲ない

 活動場所がない

 人材不足

どこの団体やNPOも同じ悩みを抱えています。
 (きっと、みなさんも頷かれていると。。。)

スキップではの人材について、この1年間で倍増しました。
活動や目的に共感した方々が仲間に加わっています。自分たちが動くことで、人の心に届き、共感を得て、一緒に動き出していると思うので、理解者が増えていることに感謝です。

そして、もっと前に進むために
<ざ☆まるごとプラットホーム>や<座間市第1層協議体>で、
この3つの課題を少しでも解決できる仕組みを作ることが、地域包括ケアの実現につながるはず。それぞれの団体・組織の悩みの解決が、生活支援の充実に結び付くと思うのです。

そのなかで私たちスキップは、
取材を通しみなさんからお聞きしてきたことを伝え、情報を発信し、
今できることを精一杯していきたいと思います。


【ざ☆まるごとプラットホーム】は、
座間市を中心にした、福祉のまちづくりに向けた個人・団体・企業などが参加しています。

 *ネットワークの1つです。
   人とつながり 仲間と情報を共有し 想いをカタチにしていく
     ←もちろん、スキップも参加・協力しています。


 
   


前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター