日本語サークル「わ」
                             

学習者さんとボランティアが一緒に小田原城へ行きました。

 日本語サークル「わ」では、11月13日(日)に学習者さんとボランティアが一緒に小田原城へ行きました。
 日常の真面目な活動が認められたのでしょうか。ご褒美の「晴れ」。平成の大改修を終えた天守閣は青空に映えて、威厳と美観を備えた外観で迎えてくれました。
 城の内部に入ると、甲冑・刀剣・絵図・古文書など、小田原北条氏の興亡と江戸時代の小田原発展の歴史と、武家文化にかかわる資料が展示されています。
 学習者さんに理解できるように、戦国時代の歴史背景を説明してあげながら見て行きました。
 次に入った「常盤木門SAMURAI館」は、ビジュアルでわかりやすい展示で楽しめました。
 さらに銅門に続く枡形門構造等の、戦国時代の城の防御態勢の仕掛けは、現物を目の当たりにして、その工夫ぶりに興味津々。侍軍団と記念写真を撮ることも出来て思い出に残る一日でした。







前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター