芹沢親と子の自然観察会
                               

H28年9月芹沢自然観察会25日

25日は久しぶりに晴れになって、秋の野草を楽しみながら歩きました。

この春に谷戸部東側斜面下(特に第2水源付近)の草刈りがなされないように市に依頼していましたが、その林床植物保護の効果がありました。

晴れたのでチョウは18種と多く出ました。冬鳥が来る前の野鳥16種を上回りました。

参加者9名、時間9:00〜11:30

(←画像)コミスジ

野鳥:ドバト、ヒヨドリ、キジバト、ハシブトガラス、シジュウカラ、キセキレイ、アオゲラ、(メジロ、ヤマガラ、コゲラ、エナガ)、モズ、ツバメ、オナガ、
スズメ、ムクドリ 16種

◆シラカシ林内で(メジロ、ヤマガラ、コゲラ、エナガ)の混群
チョウ:ウラギンシジミ、イチモンジセセリ、ナガサキアゲハ、ヤマトシジミ、アカボシゴマダラ、ヒカゲチョウ、コミスジ、ムラサキシジミ、ツバメシジミ、ウラナミシジミ、アカタテハ、アオスジアゲハ、キタテハ、キチョウ、モンシロチョウ、スジクロシロチョウ、ナミアゲハ 18種

◆ショウブ田と東屋付近ではウラギンシジミ、谷戸部でナガサキアエゲハ

◆谷戸部と芝生広場でアカボシゴマダラ、畑でウラナミシジミが飛ぶ
他の昆虫・クモ:ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、アブラゼミ、アオマツムシ、ウスバキトンボ(群れ)、アキアカネ、ツチイナゴ、ショウリョウバッタ、ヒメエグリバ(ガ)の幼虫、エンマコウロギ(声)、ジョロウグモ、オオクモヘリカメムシ、クサギカメムシ幼虫、ホオズキカメムシ、ホソハリカメムシ

◆赤とんぼはアキアカネ。以前見かけたノシメトンボは見つからない。
植物:ヘクソカズラ実、ウスギモクセイ花、カラスウリ実、ノブキ実、ヒカゲイノコヅチ実、ミズヒキ花、ヤブミョウガ花・実、コナスビ花、ハナタデ花、ヤブマオ花、クワクサ花、アオミズ花・実、イヌホウズキ花、ハダカホウズキ実、アキノノゲシ花、ママコノシリヌグイ花、ダンドロボロギク花、イヌタデ花、エノキグサ花・実、サクラタデ花、センダン実、センニンソウ花

◆ツリフネソウの花は確認できず。
イチモンジセセリ
アオマツムシ
ハシカグサ
ヤブマオ
イヌホウズキ
アオミズ
ジョロウグモ(大きい方の♀が食事中で、小さい方の♂が近かづく)
アキアカネ
クワクサ
ウラナミシジミ
ソバの花(今年も栽培がされています)

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター