ざま災害ボランティアネットワーク
                             

防災とボランティア週間企画 「防災カフェ」が盛会のうちの終了しました

1月15日〜1月21日までの1週間は「防災とボランティア週間」です。これは、今から15年前に阪神、淡路地域で発災した大規模地震災害の中で生まれた「災害救援ボランティア」活動を忘れないこと、そして、その活動を絶やさないようにするために国が定めた活動週間です。
座間市もざま災害ボランティアネットワークからの提案企画に賛同いただいて、市役所1階の「市民サロン」で防災カフェの企画を実施しました。
私たち、ざま災害ボランティアネットワークは18日から21日の間を担当させていただきました。
関係機関のご協力をいただき期間中700名を超える市民の方々が会場においでになり、コーヒーを飲みながら「市民減災行動」についての各種展示やミニ講座を受講してくださいました。
座間市長や市幹部職員、福祉の職員の方々などがたくさんおいでになりました。また、市会議員の方々にも見ていただけました。
活動の詳細は ↓
http://www.0462.net/blog/zsbn/index.html/
をご覧下さい。
22年度の神奈川県の県市合同総合防災訓練は座間市が担当市となって行うことが決まっております。
私達は、災害対応行政推進のチャンスと考えております。
市民の皆さまのご支援をお願いいたします。


前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター