座間市民活動サポートセンター運営会議
                               

助成金申請書・企画書の書き方講座 2016/7/23(土)

 “想いを広げるための手法”とは?!

 提案型協働事業、各種助成金や補助金に応募、申請を考えている団体向けに「助成金申請書・企画書の書き方講座」を開催しました。

2016年7月23日(土)13:30〜15:30 参加者7名
講師:特定非営利活動法人相模川倶楽部 理事 鈴野和重氏

 参加者には事前に「あなたの想いを40字にしてみましょう」という宿題に挑戦していただき、当日はまずその文章を見ながら想いを伝える上での自分たちの弱点を探しました。

すると申請書や企画書を書く以前に「明確な目標(事業)を描く」ことに難しさを感じている方が多かったため、団体としての目標の立て方やそれを実現するための事業計画の立て方についてから講義が始まりました。



 
   

 わかりやすい文章を書くために必要なノウハウを説明。
  

   
 文章で相手に伝えるための
大事な要素は
「現状・行動・目的」を組み込む。 

 「なるほど!」と
思わずうなずく姿も。
  
 受講後のアンケートでは
「具体的で参考になった」
「日頃から本を読むこと、まとめること、メモすることが大切と思った」という感想をいただきました。
 参加者の中で希望する団体には、後日、個別相談会が行われました。
過去に助成金に申請したものの落選してしまった企画書を講師が拝見し、改善点をアドバイスしました。相談者は、「次の助成金申請こそ!」と意欲がわいたようです。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター