栗コミフォトクラブ
                               

栗コミフォト 2016年 4月30日 WEBギャラリー

ゴールデンウィークを前に熊本・大分で大地震があり、少し浮かれた気分を吹き飛ばしてくれました。 被害に遭われ未だに避難生活をされていらっしゃる方が大勢いらっしゃいます。 心よりお見舞い申し上げます。 早く普段の生活を取り戻す事をお祈りいたしております。
さて、季節がらお花の作品が中心となりましたが、皆様方も日本ならではのお花見をしましたでしょうか? もし、宜しければ私達のWEBギャラリー宛てにお写真をお送りください。 私達と一緒に多くの方々に作品を見てもらいましょう。 お待ちしております。
4月より強力な助っ人「ノグチ」さんが入会してくれました。 写真歴の永い方で素敵な作品を期待してください。


撮影者 :ノグチ
タイトル:バトンタッチ

コメント
4月中旬、東京都あきる野市の龍珠院周辺は何処も花々に囲まれ、
のどかな里で思う存分春を味わう事が出来ました。

タイトル:一筋の春
タイトル:名残り花
撮影者 :ノムラ
タイトル:さくら

コメント
季節は今、春から初夏へ向かいつつあります、その中でも私の好きな花は牡丹(堂々たる風格)、そしてさくら(華麗さと散り際のよさ)が好きです。

タイトル:さくらと獅子頭

タイトル:牡丹
撮影者 :フクヅカ

コメント
今回、「夜景を撮ろう。」、「あまり見ない海上からの港横浜を撮ってみよう。」 とトライしてみたが、揺れる船上では、手振れ・カメラ振れを防ぐ三脚は使えず、シャッタースピードを遅くして多くの光を取込むことも出来ず、シャッター優先にし、ISO感度を上げ、露出補正を掛け・・・と色々試しながら撮ってみたが仲々難しく課題は多い。

タイトル: 氷川丸
タイトル:水の女神像
撮影者 :ツチカネ
タイトル:ピンクに白の花ももに、菜の花を添えて

コメント:
ご存じ栗原遊水地は目久尻川洪水対策の10万トン余の遊水地、ここには市民の春夏秋冬憩いの「場」でもある。

タイトル:ピンクの花びら
タイトル:遊水地ヘラ鮒釣り
撮影者 :タカイ

タイトル:気品色
タイトル:暑さに耐えて

撮影者 :タカハシ

コメント:
咲き誇っていたさくらも東北から北海道に移り関東では初夏を迎え始めました 27度の気温ではもう真夏と云っていいのでしょうか? 花々を写していると季節の移り変わりの早さがてにとるようにわかります
こんなスピードで歳をとってきたのですね もう73歳になりました

タイトル:初夏
タイトル:初夏
撮影者 :オカ
タイトル:桜からのエール

タイトル:水辺の桜
タイトル:美を求めて
撮影者 :サカモト

コメント:
桜と菜の花を求めて千葉県市川市の小湊鉄道沿線に出掛けてきました。 女子生徒がひとり朝早く通学のために古い駅舎佇み、到着した気動車に乗り込んでいきました。
タイトル:桜
タイトル:桜

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター