座間図書館ボランティア友の会
                             

新緑の鎌倉古道を歩く=七国(ななくに)峠

今年度最初の<図書館活用講座>は2016年4月20日 自然と触れ合うシリーズ「新緑の鎌倉古道を歩く=七国(ななくに)峠」でした。 
事前に会員それぞれが図書館やインターネットなどで調べて資料を持ち寄り、奈良時代には既に人の往来があったという鎌倉古道について学習しました。
当日は、澄みきった青空のもと新緑が映え絶好の天気でした。
この鎌倉古道は、1キロメートル以上まとまって中世の姿が残っている貴重な古道で、七国峠古道とも言われているそうです。
橋本駅からバス・相原十字路で下車
鎌倉古道を歩く・・・<相模原中央公園(お昼)>・・・<出羽三山供養塔>・・・<七国峠>
・・・<大日如来堂>・・・東京家政学院前・・・バス相原駅
新緑の林の中の古道を歩き、出羽三山供養塔、七国峠や大日如来堂などを訪ねました。往時の様子はどのようなものだったのかと、はるか遠い歴史の彼方を思い楽しいハイキングでした。
帰りのバスを待つあいだ、バス停隣の店でアイスクリームを楽しみながらゆったりと発車時刻まで時を過ごしました。


前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター