座間市手話サークル 星の会
                               

平成28年度が新体制でスタートしました。

平成28年度が新体制でスタートしました。
新役員の紹介です。
定例会を始め いろいろな行事に参加してろう者との交流を図り、手話力の向上を目指して頑張りましょう。
星の会では手話に興味をお持ちの方の入会をお待ちしています。
昼の部・夜の部 どちらも自由に見学ができますので、一度覗いて見ませんか。
毎年いろいろな行事を計画し、ろう者と一緒に楽しみながら勉強しています。
昨年度の活動内容の一部を紹介します。

社会見学で埼玉県北本市にあるグリコの工場に行きました。
多くの家族連れで賑わっていました。真ん中に立っているのはポッキーです。
小江戸川越のシンボル「時の鐘」です。
グリコの工場見学後、5月の汗ばむ陽気の中 皆さんショッピングや散策などでそれぞれに楽しみました。
福祉大会での一コマです。
国歌「君が代」斉唱の場面で、サークルのメンバーが舞台の両側に立ち、歌に合わせて歌詞を指文字で表します。その他「市民福祉憲章」「標語」の朗読も指文字で表します。
市の行事などに積極的に協力しています。
ミニ手話教室での一コマです。
福祉大会の開催に合わせてサニープレイスでは福祉オリエンテーリングが行われますが、来場者にテキストを使って分かりやすく手話指導をしています。
ざまりんが福祉オリエンテーリングの応援に来てくれました。
毎年 外部講師による特別学習会を開催し、レベルアップを図っています。
年5回開催していますが、誰もが参加しやすいように毎回 初級者と中級者以上のグループに分けて行っています。
恒例の行事になった餅つき大会です。
餅を丸めているときは手話が使えませんのでろう者とのコミュニケーションには苦労します。
作るのは大福だけではありません。納豆・きな粉・大根おろし・生姜など、いろいろなからみ餅を作ります。
その他 豚汁・とり肉の燻製・サラダなど盛りだくさんの内容です。
小さい杵も用意していますので子供でも大丈夫。
周りからは大きな掛け声がかかります。
毎年 市外からもろう者が参加してくれる人気の催しです。
Xmas会での一コマです。
昼の部の手話劇で、童話を題材にした「オオカミと七匹の子ヤギ」の物語です。
夜の部の企画によるゲームで会場全体が盛り上がります。
Xmas会は北地区文化センターが主催する「はじめての手話講座」を受講した小中学生やそのお母さん方も参加して賑やかに行われました。
サークル最大のイベントです。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター