芹沢親と子の自然観察会
                               

H28年2月芹沢自然観察会28日

早春を思わせるような穏やかな暖かい今日でした。

池にはヒキガエルの紐状産卵が多数見られ、また心配なヤマアカガエルの卵塊(画像)が小川側に3つ見つかりました。干上がりそうなので池の方に移動させました。濁った池の中にはアカガエルの卵塊と思われるのはいくつかありました。

参加者10名、9時から11時15分まで。

芝生広場ではイケルの声が聞こえるので、杉林と桜の木の間を移動し、地上に降りては採餌していました。久しぶりのイカル(画像)の群れでした。

★キタテハが2頭飛んでいます。

谷戸の中程のコブシが開花しました。ヒメオドリコソウ(画像)、ホトケノザが畑に咲いていますが、ヒメウズやダンコウバイはまだまだです。

★アオイスミレは小さな葉がでていますが、ツボミはありません。
<野鳥>
キジバト、シジュウカラ、アオジ、ハシブトガラス、コゲラ、ムクドリ、ハクセキレイ、ジョウビタキ♂♀(ここまでは湿生花園と池の周りです)、スズメ、シロハラ、ハシボソガラス、ウグイスc、(ここから芝生広場から畑)カワラヒワ、イカル25、メジロ、シメ6、モズ♂♀、アカハラ、ノスリ♂♀、(鳥合わせ後に)ドバト、エナガ
(画像)ヒキガエル紐状産卵
ジョウビタキ♂♀
アオジ
ホトケノザ
シジュウカラ
★オオカマキリの卵のうを根気よくついばんでいました。
芹沢陸橋側入り口工事
人工芝のファミリーコート

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター