クラシックギターアンサンブル ピアチェーレ
                             

2016年2月10日(水)クラシックギターアンサンブル・ピアチェーレは新磯野ディサービスセンター様へ訪問演奏に行きました。

 今回は早春バージョンでの演奏です。

 メンバー全員での演奏で】扱醋覘∩畚嬋蝓,修靴堂痢´9咯襪侶遶さ任氾騨諭

 ギターの安らぐ音色をソロ演奏で聞いてもらいました。ヌイ擦蕕譴轡ターΔ發靴眸狃が尋ねたらПだれ をソロ演奏。

 後半はまずはリズム遊びから┨繊,
歌いながら、マラカスでリズムを刻みます

 三つの日本古謡 演奏です・
歌いました、高校三年生浜千鳥星影のワルツ 全12曲で終了です。

 アンコールの声、2曲歌いました。
演奏ラブユー東京 歌恋の町札幌
14曲演奏して、また来てください。
の声を後にボランティア演奏を終了しました。

 施設の皆さん、お客様、ありがとうございました。



  

 訪問演奏は参加型の演奏です。耳・口・目・身体を使って、またお話しをして、五感、全身に訴える、演奏会を目指しています。

 「荒城の月」演奏の時、後ろには大きな「月」の映像がスライドショウで流れています。

歌いながら、スライドショウを見て、脳を刺激する。

 こんな、全身の血流がどんどん流れるような、活動を目指しています。
 曲の合間には、「コグニクス体操」手と足を同時に違う動きをすることをやります。

 皆さん普段しない動きなので、戸惑いながらも、楽しそうにやってます。
 次は、「脳」を刺激する、指体操をしました。

 右能と左脳の交流が活発化するといわれています。
 
 出来そうで、出来ないので皆さんゆっくりやっています。
 次は、リンパの流れを活発化する、指先をつまむ体操です。

 免疫力が高まる遊びです。
 終わりに、「〜かや」のつく言葉を皆さんに探してもらう言葉遊びをしました。

 「和やか」「穏やか」「にこやか」「さわやか」「はれやか」など、日本語で40以上あるそうです。

 この言葉は、良い言葉ばかりなので、一日一個探すとよいそうです。
 気象庁の用語に「春」の三段階活用があるそうです。
 
 それは
「光の春」・日が長くなる、
「音の春」・小鳥が鳴き始める
「気温の春」・暖かくなる。
この三段階で春が訪れるそうです。

 ピアチェーレは4番目がある
ギターを弾いて「肩がハル」
5番目腰が痛くなり「サロンパスをハル」です。

「光」「音」「気温」「肩がハル」「腰にハル」
ピアチェーレ5段階活用でした

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター