ひばりが丘コミュニティセンター
                               

緊急救命訓練(救急車がくるまでに…)

H27年12月14日(月)10:00〜11:30
            参加人数…22名

 休館日を利用し、ひばりが丘コミセンにて、緊急救命訓練を行いました。
 
 昨年に引き続き、コミセンを普段利用しているサークルから代表の方々と、児童ホーム・コミセン職員全員が参加いたしました。

 座間市消防本部の方々の指導のもと、皆さん真剣に取り組み学びました。

 始めに消防職員の方から、
救急者が到着するまでに、
私たちが出来る事のお話を
受けました。
 心肺蘇生法を学びました。
 圧迫する位置(目安)は
『胸の真ん中』です。手と
手を重ね、手のひらで圧迫
部位を真上から垂直に押す。
    
  ※肘は曲げない!
 人形を使い胸骨圧迫
(心臓マッサージ)の練習。
 胸骨圧迫30回行ったら
人口呼吸2回を繰り返します。
1分間に胸骨圧迫、100回の
リズムで行います。
 二人一組になり、傷病者を
発見したときに行う意識の
確認方法。
 又、119番通報・AEDの手配の
手順を実際に練習しました。
 コミセンにも設置してある
AEDの使い方を学びました。
 初めてのAEDにドキドキ!
音声指示に従い落ち着いて
操作をします。
 グループ毎に分かれて、ロールプレイング。役割分担をみんなでしっかり行いました。
 いざという時に、躊躇せず
行えるよう繰り返し練習しま
した。
 みんなの協力が大切な命を
 救います。
  救急車が到着するまで…
  約7〜10分の現状…
 
 その間の対応処置の大切さを
皆さん、とても感じていました。


前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター