座間市老人クラブ連合会
                             

第53回 寿大学1日目

第53回寿大学が始まり全3日間のうち11月5日、第1日目の開講です。
講師に健康部介護保険課 木口聡子主査を招き、「認知症の理解と対応方法」について講演していただきました。
認知症は、いまや老後の最大の不安となり、超高齢社会をつき進む日本にとって最重要課題の一つとなっています。
誰もが認知症についての正しい知識をもち、認知症の人や家族を支える手だてを学び、一人でも多くの方々が、認知症の人や家族の応援者として活躍していきましょう。

 
   


前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター